アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

堀江貴文氏の新刊「時間革命」が1位を獲得

今週は、堀江貴文氏の新刊が1位を獲得しました(画像:jhphoto/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月3日~9日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

堀江貴文氏の「時間術」の本が1位に

今週(11月3日~9日)のランキングでは、前週35位の『時間革命 1秒もムダに生きるな』(堀江貴文著、朝日新聞出版)が1位に輝いた。特別な要因はなく、順調に売上を伸ばしているという。

『時間革命 1秒もムダに生きるな』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週に引き続き『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

3位は、前週1位だった『現代語訳 論語と算盤』(渋沢栄一著、筑摩書房)だった。中田敦彦氏の推薦でブレイクした後、売上が安定しているという。

19位には、前週132位だった『うまくやる ~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』(熊野森人著、あさ出版)が入った。東洋経済オンラインの記事(「話がつまらない人」と面白い人の決定的な差)で紹介され、注文が集まったという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。