アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

堀江貴文氏の「時間革命」が2週連続で1位

堀江貴文氏の『時間革命』が2週連続で1位を獲得しました(画像:Fast&Slow/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月10日~16日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

堀江貴文氏の「時間術」の本が2週連続で1位に

今週(11月10日~16日)のランキングでは、前週に引き続き『時間革命 1秒もムダに生きるな』(堀江貴文著、朝日新聞出版)が1位に輝いた。特別な要因はなく、順調に売上を伸ばしているという。

『時間革命 1秒もムダに生きるな』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、初登場の『1兆ドルコーチ シリコンバレーのレジェンド ビル・キャンベルの成功の教え』(エリック・シュミット著、ダイヤモンド社)がランクインした。「日本経済新聞」に広告が掲載され、大きく反響があった模様だ。

3位は、前週2位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)だった。毎日安定して注文が集まっているという。

7位には、前週488位だった『5分で論理的思考力ドリル』(ソニー・グローバルエデュケーション著、学研プラス)が入った。TBS「あさチャン!」で紹介されたことが影響した模様だ。

次ページ以降、195位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 看取り士という仕事
  • コロナショックの大波紋
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。