アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

堀江貴文氏の新刊「時間革命」が1位を獲得

今週は、堀江貴文氏の新刊が1位を獲得しました(画像:jhphoto/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、11月3日~9日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

堀江貴文氏の「時間術」の本が1位に

今週(11月3日~9日)のランキングでは、前週35位の『時間革命 1秒もムダに生きるな』(堀江貴文著、朝日新聞出版)が1位に輝いた。特別な要因はなく、順調に売上を伸ばしているという。

『時間革命 1秒もムダに生きるな』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位には、前週に引き続き『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。毎日安定して注文が集まっているという。

3位は、前週1位だった『現代語訳 論語と算盤』(渋沢栄一著、筑摩書房)だった。中田敦彦氏の推薦でブレイクした後、売上が安定しているという。

19位には、前週132位だった『うまくやる ~コミュニケーションが変わる25のレッスン~』(熊野森人著、あさ出版)が入った。東洋経済オンラインの記事(「話がつまらない人」と面白い人の決定的な差)で紹介され、注文が集まったという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~49位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 買わない生活
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT