アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「論語と算盤」が1位と3位にランクイン!

今週は、渋沢栄一著『論語と算盤』が大ヒットしました(画像:Fast&Slow/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、10月27日~11月2日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『論語と算盤』がランキングを席巻

今週(10月27日~11月2日)のランキングでは、1位と3位に渋沢栄一著『論語と算盤』がランクインした(1位は前週9位『現代語訳 論語と算盤』筑摩書房、3位は前週35位『論語と算盤』KADOKAWA)。中田敦彦氏が「No.1だ」と推薦したことから、一気に注目が集まったという。

『現代語訳 論語と算盤』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位には、前週に引き続き『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。特定カスタマーによるまとめ買いの影響もあり、毎日安定して注文が集まっているという。

同率3位には、前週40位だった『僕たちは、地味な起業で食っていく。 今の会社にいても、辞めても一生食いっぱぐれない最強の生存戦略』(田中祐一著、SBクリエイティブ)がランクインした。堀江貴文氏がYoutubeチャンネルで紹介し、注目が集まった模様だという。

19位には、前週101位だった『漫画版 論語と算盤』(近藤たかし著、講談社)が入った。まさに「論語と算盤ウィーク」といった1週間だった。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。