アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

1988年刊行の「超ロングセラー」が2週連続1位

1988年刊行『アイデアのつくり方』が2週連続で1位を獲得しました(写真:kou/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、10月20日~26日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『アイデアのつくり方』が2週連続で1位を獲得

今週(10月20日~26日)のランキングでは、前週1位だった『アイデアのつくり方』(ジェームス W.ヤング著、CCCメディアハウス)が2週連続で1位に輝いた。1988年刊行のロングセラーだが、引き続き安定して注文が集まっているという。

『アイデアのつくり方』(書影をクリックするとアマゾンのページにジャンプします)

2位も、前週に引き続き『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)がランクインした。特定カスタマーによるまとめ買いの影響もあり、こちらも毎日安定して注文が集まっているという。

3位には、前週4位だった『自分のことは話すな 仕事と人間関係を劇的によくする技術』(吉原珠央著、幻冬舎)がランクインした。特別な要因は見られなかったという。

初登場で14位にランクインしたのが『楽しくなければ仕事じゃない: 「今やっていること」がどんどん「好きで得意」になる働き方の教科書』(干場弓子著、東洋経済新報社)だ。東洋経済オンラインの記事「『効率ばかり言う人』が結局、成功しない3大理由」の影響で注目が集まった模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。