「転勤族の妻」が正社員で働くのは無謀なのか

英語が堪能なのに好きな仕事に就けない

そう考えますと、記載されているように「正社員になれそうな職」だから、という理由で今まで積み重ねてきた一貫性を犠牲にすることは選択肢としてはよくない、ということになります。

なお、国という場所が変わらざるをえないという前提で考えるのであれば、場所を選ばない働き方、例えばネット上で今までの経験を生かしたサービスを個人として展開してみるなど、いろいろなアイデアも出てくるはずです。

環境を不遇ではなく、チャンスとして捉えて

制限事項があるがゆえに、制限事項を踏まえたうえで現実的な選択肢を列挙できるという利点もあると思いますので、ご自身の置かれた環境を不遇として捉えるのではなく、チャンスとして捉えてみてください。

いずれにせよ、どのような形態や場所で働くにせよ、大切なことは一貫したキャリアに基づく価値を他人に感じさせ、与えることができるか否か、です。

そういった姿勢でご自身の今まで積み上げてきたキャリアをベースに今後何をすればより将来の選択肢が増えるかを考えてみてください。そこが将来展望への第一歩です。

多田さんが働く場所にとらわれず、ご自身という不変のものをベースに労働市場において価値を高めていかれるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT