「英語を生かせる仕事」はどこで見つかるのか

地方では希望の仕事がなかなか見つからず…

海外で語学力を生かせる仕事に就きたいのですが、将来的には日本で働くほうが安定するのでは?と思い悩んでいます(写真:Fast&Slow/PIXTA)

→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

こんにちは。私はグリーンカード保持者で海外に住んでいたことがあります。
2018年3月に日本の大学を卒業したのですが、まだ1度も就職をしたことがありません。英語を生かせるような仕事をなるべく地元の近くでしたいと思って日本で就職活動をしていたのですが、地方ではなかなかそういった仕事がなく、また永住権も保持をしたいので海外で働こうと思い、ただいま就職活動をしております。
しかし、まだ決まっておらず、親戚の人からも「日本で就職して長くいられる会社のほうが、社会保障の面から見ても将来的にも安定するのではないか?」と言われており、どうしたらいいかわからなくなってきました。
とくにこの仕事がしたい!というのはなく、英語を生かせるような仕事であれば何でもいいのですが……。
アドバイスをもらえないかと思い、ご連絡致しました。よろしくお願いします。
無職 松田

「英語の仕事主体」で優先順位をはっきりさせよう

英語を生かすことが仕事を選ぶうえでの優先順位が高いのであれば、ご自身の生活の基盤も英語を生かせる環境に身を置くべきです。

この連載の記事一覧はこちら

地方というのがどの辺りなのかは頂戴した相談文章からはわかりかねますが、少なくともその場所に英語を生かせる環境が見当たらないのであれば、その場所に限定してしまうことは合理的ではありません。

そもそも英語というグローバルな知識を活用しようという心意気にもかかわらず、自らの活動領域を地方に限定してしまっては本末転倒です。

頂戴した文章を拝見するに、松田さんは英語というスキルを極めることに焦点を絞っておられるように思えますので、「どこで働くか」よりも「何をするか」のほうが優先順位は高いはずです。

次ページ現代に「一生安泰」の仕事はない
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT