人類は富を創出してもこれ以上豊かにならない

斎藤幸平×水野和夫「ポスト資本主義」を語る

水野:資本主義が終わろうとしない根本的な要因は、株式会社という仕組みにあります。株式会社は、1回きりの事業清算ではなくて、永久に存在することを前提とします。人間には寿命があるけれど、法人格には寿命はありません。だから無限に利潤を増殖させようとするわけです。

世の中に資本が足りない時代はそれでよかったのかもしれませんが、いまの日独仏などの先進国は、明らかに供給力が過剰です。供給力が過剰だから、投資してもリターンがない。先ほど話したマイナス金利はその現れです。

本来なら、ここで資本主義を卒業すればいいのに、相変わらず政府も企業も稼げ、稼げと旗を振っています。その根っこにあるのが、株式会社の永続性です。ですから、資本主義を終わらせるためには、法人格にも一定の寿命を与える必要があります。例えば中世のように、1代かぎりで解散すればいいんです。

「ブルシット・ジョブ」が資本を延命させる

斎藤:富も生産力もすでに十分あるわけですよね。よく言われる話ですが、世界で最も裕福な8人は、下位半分の36億人と同じだけの資産を持っています。ジェフ・ベゾスとかマーク・ザッカーバーグは、一生かけても使い切れないようなお金を貯めてしまっているわけです。それでもさらに金持ちになろうとしている。これは不合理です。

これは別の見方をすれば、36億人の生活をもっと豊かにできる富や生産力を、すでに人間は持っているということです。にもかかわらず、いまだに多くの人が低賃金と長時間労働を強いられているし、利潤はひと握りの金持ちに集中しています。

ここで問題なのは、今や、デヴィッド・グレーバーが「ブルシット・ジョブ」(クソくだらない仕事)と呼ぶような、やらなくてもいい仕事がゴマンとあることです。しかし資本や国家はわざわざそういう雇用を創出して、資本主義を延命させようとしているのですね。

その極端な例がブレグジットです。ブレグジットによって、イギリスには弁護士や税理士に大量の仕事が生まれるわけですよ。でもこれらは、イギリスがEUから離脱しなければ発生しない仕事です。資本主義はそうやって意味のない仕事をつくって、なんとか新しいマーケットを作り出すという状態になっています。

この現状をまず変えなければいけません。そのためには無駄な生産活動をやめて、労働時間も減らすことです。余計な生産活動がなくなれば、その分、環境負荷も減るわけですから。

次ページとくにひどい日本の労働時間
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
ホンダ「4代目フィット」がイマイチ売れていない理由
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「半導体パニック」自動車産業に与える巨大衝撃
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
これが世界のビジネス常識<br>会社とジェンダー

「ジェンダーギャップ指数ランキング2021」で日本は120位という結果に。先進7カ国中で最下位かつ、女性の社会的地位が低いとされるアフリカ諸国よりも下です。根強く残る男女格差の解消は、日本経済が再び競争力を取り戻すために必須の条件です。

東洋経済education×ICT