ベンツ初の電気自動車「EQC」何がすごいのか

その走り心地は意外と「ナチュラル」だった

ヘッドランプと一体化したグリルは新しいが、保守的な好みの顧客向けに写真の横バー入りタイプも用意(写真:LEON編集部)
欧州で富裕層がいよいよ注目し始めたとも言われる、ラグジュアリーEV(電気自動車)。中でも注目の今年7月に日本で発表された「メルセデス・ベンツEQC 400 4MATIC」に試乗した。

メルセデス・ベンツ第4のブランド「EQ」 

欧州で富裕層がいよいよ注目し始めたとも聞く、ラグジュアリーEV(電気自動車)。2019年7月に日本でも発表された「メルセデス・ベンツEQC 400 4MATIC」はかなり出来のいいモデルで、いよいよ未来が現実になってきた感がある。

本記事はLEON.JPの提供記事です

「EQ」はメルセデス・ベンツがハイブリッドや代替燃料車に使うブランドネームだ。メルセデス・ベンツ、メルセデスAMG、メルセデス・マイバッハに続く、第4のブランドとなる。

中でも今回のEQC400 4MATIC(以下EQCと略)はピュアEVのメルセデス車としては日本初だ。今後、EQSとかEQEなどが出てくる可能性が高い(実際、EQSはかなり動きが慌ただしい)。

ピュアEVとしての“けれん味”はなくまっとうなスタイリング(写真:LEON編集部)

EQCの特徴の1つが、スタイリングである。シルエットは、ステーションワゴンとSUVが合体したような、クロスオーバーというべきもので、奇をてらったところがない。側面から見ていると、SUVのGLCをより洗練させた印象で、アウディやジャガーといったメーカーが手がけるEVモデルと比較すると、かなりおとなしめのスタイリングだ。

次ページフロントマスクは新しい「ブラックパネルグリル」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラマな日常、日常にドラマ
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT