ベンツ初の電気自動車「EQC」何がすごいのか

その走り心地は意外と「ナチュラル」だった

ヘッドランプと一体化したグリルは新しいが、保守的な好みの顧客向けに写真の横バー入りタイプも用意(写真:LEON編集部)
欧州で富裕層がいよいよ注目し始めたとも言われる、ラグジュアリーEV(電気自動車)。中でも注目の今年7月に日本で発表された「メルセデス・ベンツEQC 400 4MATIC」に試乗した。

メルセデス・ベンツ第4のブランド「EQ」 

欧州で富裕層がいよいよ注目し始めたとも聞く、ラグジュアリーEV(電気自動車)。2019年7月に日本でも発表された「メルセデス・ベンツEQC 400 4MATIC」はかなり出来のいいモデルで、いよいよ未来が現実になってきた感がある。

本記事はLEON.JPの提供記事です

「EQ」はメルセデス・ベンツがハイブリッドや代替燃料車に使うブランドネームだ。メルセデス・ベンツ、メルセデスAMG、メルセデス・マイバッハに続く、第4のブランドとなる。

中でも今回のEQC400 4MATIC(以下EQCと略)はピュアEVのメルセデス車としては日本初だ。今後、EQSとかEQEなどが出てくる可能性が高い(実際、EQSはかなり動きが慌ただしい)。

ピュアEVとしての“けれん味”はなくまっとうなスタイリング(写真:LEON編集部)

EQCの特徴の1つが、スタイリングである。シルエットは、ステーションワゴンとSUVが合体したような、クロスオーバーというべきもので、奇をてらったところがない。側面から見ていると、SUVのGLCをより洗練させた印象で、アウディやジャガーといったメーカーが手がけるEVモデルと比較すると、かなりおとなしめのスタイリングだ。

次ページフロントマスクは新しい「ブラックパネルグリル」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナ後を生き抜く
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT