ベンツ初の電気自動車「EQC」何がすごいのか

その走り心地は意外と「ナチュラル」だった

全長4761mm、全幅1884mm、全高1623mmのサイズ(※欧州仕様車の参考値)に、2495kgの車重というボディーだが、このモードだときびきびと走れるのだ。静止から時速100kmへの加速は5.1秒だから、俊足だ。

メルセデス・ベンツに乗り慣れている人には、ステアリングホイールを切ったときの操舵感覚と、加えて車体のロール速度が、従来のモデルとかなり近いのに驚くのではないだろうか。

他社のEVもそれなりに個性もあるし、操縦する楽しさがあるが、ナチュラルさでいうとEQCが飛び抜けている。ここが市場では大いなる強みになりそうだ。

充実した機能でEV初心者も入りやすい

前と後ろに1基ずつモーターを備えているが、前輪駆動が基本だ。急激な加速時などに後輪にもトルクが伝達される。このモーターをオルタネーターとして使うのが、さきに触れた回生ブレーキで、それによってバッテリーへの充電を行う。

リチウムイオンのバッテリーは、容量は80kW時で、実際により近い数値が出るWLTCモードによるフル充電からの後続距離は400kmと発表されている。日本仕様の充電はCHAdeMO対応だ。

その際、電気の流れがモニターに表示されるのが、EQCならではだ。あとは「ハイ、メルセデス」の呼びかけで起動するボイスコントロールシステムなど、他のモデルと同様の装備が搭載されている。

次ページEVならではのワンペダル走行も可能
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 僕/私たちの婚活は今日も終わらない
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。