職場での「大人のいじめ」その陰湿すぎる実態

ある日、自分の机に別の人が…

“大人のいじめ”は会社の上司やママ友など、身近なところで起こっているという(写真:プラナ/PIXTA)  
大人のいじめは東須磨小だけではなく、全国の職場や地域でも起こっている。その陰湿な実態とは。

同僚の教員から「教師ヅラするな」

「あるとき勤め先の学校に行くと、私のデスクに知らない女の人が座っていたんです」

北陸地方で非常勤講師として働く50代女性は、当時の状況をこう話す。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

「その女の人が教育実習生だったことは後で知りました。結局、教育実習が終わるまでの間、私は家庭科室の実習机で仕事をするしかありませんでした」

当時、女性は中学校で週2回、家庭科の授業を担当していた。同僚の教員による「いじめ」が始まったのは、勤務して5年が経った頃だ。

「その中学では生徒が荒れていて、先生たちもストレスがたまっていたのでしょう。次第に私に対して『週2回しか来ないくせに教師ヅラするな』といった空気が出来上がっていった」

やがて女性は無視されるようになり、用務員からも「授業で出たごみを学校で捨てるな」といった理不尽な嫌がらせを受けるようになった。デスクが教育実習生に奪われたのもその一環。3年間耐えたが、ストレスから心身に異常が出るようになり、ついには心療内科で睡眠薬をもらわないと眠れなくなった。

「スクールカウンセラーなどにも相談しましたが、結局、状況は改善しませんでした。今は別の学校に転任して、人間関係も良好です。でも、あのときの苦しさは忘れられません」

今月初旬、神戸市の東須磨小学校で教員4人による後輩教員へのいじめが発覚した。陰湿ないじめの様子の映像が全国に流れ、衝撃が走った。だが、“大人のいじめ”はこの小学校、教育現場に限ったことではない。

次ページ上司から6年にわたり苛烈なパワハラ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大学 シン・序列<br>コロナ後に変わる名門校の条件

コロナショックを受けて、大学をめぐる環境は急変。授業のオンライン化、学生の経済的困窮など、解決するべき課題は山積しています。大学はどのように変わるのか。50ページにわたる特集で最高学府の近未来を探りました。