第一印象で「損する男」と得する男の決定的な差

清潔感は先端に宿り、全体を判断する材料に

人は無意識のうちにビジネスファッションの先端、「シャツの襟先」「ジャケットの袖先」「ネクタイの剣先」「靴のつま先&かかと」をチェックしています。この4つのポイントに「身だしなみを整えた痕跡」を残すことで、マイナス要素を取り除き、清潔感は生まれます。では、各先端の整え方について、具体的に解説します。

無意識に人がチェックしている!4つのポイント

1.シャツの襟先

シャツの顔ともいえる「襟立ち」は、人が無意識にチェックするポイントの1つです。顔にいちばん近いため、相手と顔を合わせるたびに必ず目に入ってきます。凛とした襟立ちを保つために欠かせないアイテムが「カラーキーパー(カラーステイ)」です。

シャツ襟先の形状をピシッとしてくれる「襟の芯」のようなもの。襟裏にあるポケットに入れて使います。ビジネス用のシャツには、あらかじめカラーキーパーが入っていますよね。

ところが、キーパーを挿したままクリーニング屋さんにシャツを預けてしまうと、9割以上の確率で、これは捨てられてしまいます。もし、すでにキーパーがないならば、ツープライススーツ量販店やネット検索で購入しましょう。10組200円程度の価格帯でピシッとした襟立ちが手に入ります。

2.ジャケットの袖先

シャツの袖先は、ジャケットから1センチ程度見せることが正解です。そもそもシャツは、ヨーロッパでは下着と認識されているため、ジャケットの袖裏に皮脂が付着することを防ぐという役割があります。だからこそ、ジャケットから1センチ程度出すことが当たり前なのです。また、視覚的にもダークカラーのジャケットに対して、白いシャツが袖からチラッと見えると、そのコントラストが爽やかなメリハリを生み出してくれます。

3.ネクタイの剣先

ネクタイは、立ったときに剣先がベルトの位置にくる程度の長さに収めましょう。ベルトより明らかに短い場合はコミカルな印象ですし、長すぎる場合はだらしない印象です。

とくに、このだらしないという見え方は清潔感をかき消す天敵です。そして、ネクタイ結び目の緩みも「だらしなさ」を助長します。だからこそ、プレーンノットではなくセミウインザーノットを推奨しています。この締め方は、ノットと呼ばれる結び目をコンパクトに保ちながらも緩まないからです。

4.靴のつま先&かかと

「足元を見る」ということわざもあるように、人は相手の実情を判断するときに、足元をチェックする習慣があります。事実として、足元から推測できる情報は意外と多いからです。どんなに緻密なプレゼンをしても、靴の手入れがなされていなければ、その説得力はだらしなさで打ち消されてしまうかもしれません。

『真似するだけで印象が劇的によくなる 38歳からのビジネスコーデ図鑑』(日本実業出版社)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

そして、靴のつま先に加え、かかとにも注目が必要です。とくに、女性と接することが多い職場の方にとっては重要になります。女性はヒールのかかとを修理することが多く、男性の靴を見たとき、かかとのすり減り具合がよく目につくそうです。

ゴムがすり減って靴底の革の色が見えている靴は、今すぐ修理に出しましょう。

「清潔感がある」とは、細部に「残念なところがない」ということ。初対面で印象がいいと感じた人に対して「この人は身だしなみに気を使っているんだろうな!」と感じた経験は、誰もがあるのではないでしょうか。

「感」で表現されている「清潔そうな雰囲気の正体」は「身だしなみを整えた痕跡」、その集合体といえます。以前、あるホテルマンの方から、「清潔感は先端に宿る」と教えてもらいました。人は、「つま先」「指先」「毛先」など、人間の先端パーツを見て全体を判断する傾向があるそうです。この話は服にもそのまま当てはまります。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT