仕事道具として使いたい、最新「iPad」の選び方

キーボードと使うのか、ペン入力がいいのか

2019年9月に発売されたiPad(第7世代、右)と同3月に発売されたiPad mini(第5世代、左)。いずれもApple Pencilに対応するが、iPadはキーボードにも対応する(筆者撮影)

アップルはiPadを「最も身近なコンピューター」と再定義した。今回は、その中でもっとも低価格帯に位置する、10.2インチに画面が拡大されたiPad(第7世代)と、小型モデル7.9インチiPad mini(第5世代)をとりあげる。

今までの「タブレット」のイメージで接すると見誤る、新しい仕事道具にと言えるだろう。

iPadはカバーを兼ねるSmart KeyboardとApple Pencilを組み合わせることで、3年以上安心して使えるモバイルコンピューターとなる。またiPad miniはApple Pencilが利用できる完璧なデジタル手帳として、現在持ち歩いているノートパソコンやスマートフォンを補完することになる。

いずれの場合でも、すでにiPadにそろっている100万本を超えるアプリ群が、iPadを選ぶ大きなメリットを作り出している。選択のポイントは、キーボードとペンシル、どちらを重視するか、だ。

iPadの1年を振り返ると…

アップルは例年、9月にiPhoneとApple Watchの最新版を発表してきた。2019年も同様の展開となった。

iPhoneは依然としてアップルの売り上げの半分を占める主力製品で、iPhone 11ではありきたりに思われたカメラを磨き上げ、非線型の画質を手にした。またApple Watchは現在アップルの中で最も高い成長率を誇るウェアラブル製品の中核となっており、常時点灯ディスプレーによって新規、買い替えの双方の購買を誘うヒット商品となった。

2019年9月には、もう1つの新製品が登場した。それは、329ドル(日本では3万4800円)に据え置かれた第7世代iPadだ。iPadは2017年に廉価版として登場し、最も販売台数の多いiPadになった。教育市場だけでなく企業向けの需要にも対応する製品の最新版となる。

アップルにとって2019年は、iPadイヤーだった、と振り返ってもよいだろう。

次ページタブレットからコンピューターへの再定義をアピール
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT