「肩こり・腰痛」がつらい人に教えたい3つの動き

人気ストレッチトレーナーの極意

ビジネスパーソンを悩ませる肩こりや腰痛を軽減する動きを教えます(写真:muu/PIXTA)

デスクワークなどで体を酷使した結果、筋肉に疲労がたまり、肩こりや腰痛になってしまう方が大変多くいます。そうした疲れ・コリに有効なのが、体の血流をよくし、疲労物質を解消してくれるストレッチです。

「ちょっと疲れてきた」「凝ってきた」と思ったとき、仕事の隙間時間に体を伸ばすなどして気をつけている人もいると思いますが、効果的に行うのは難しいもの。そこで本稿では、ツイッターのフォロワー15万5000人を誇るストレッチトレーナーで、『生活の質が感動的に上がる なぁさんの1分極伸びストレッチ』の著者なぁさんが、デスクワークの隙間時間にできて、疲労がとれるストレッチをご紹介します。

正しいフォームでできている人は少ない

僕がストレッチトレーナーになったきっかけは、会社員時代にお客さんとしてストレッチ専門店に通い、「不調がなくなった」という感動体験があったからです。トレーナーとして働くようになった今、僕と同じようにデスクワークなどで体を酷使し、疲労がたまったり、不調に悩まされた大勢の人がストレッチにより改善して、笑顔になっていく場面を数多く見てきました。

ストレッチがすごいのは、正しいやり方さえわかれば自分で気軽にセルフケアができるところです。しかし残念ながら普段からお客様を見ていて、正しいフォームや正しい知識でストレッチしている人は少なく、体をセルフケアできている人はごくわずかだと気づきました。

僕のストレッチが人気になった理由として、1分間の超シンプルなストレッチで、効果的に患部が伸び、肩こり・腰痛などの症状が改善されるということが挙げられます。今回は多くの人に「簡単なのにめちゃ気持ちいい」「どのストレッチよりも伸びる」と支持されてきたストレッチから厳選して、仕事中の隙間時間などでもできるストレッチを3つ紹介します。「最高の伸び」を今すぐ体感してみてください。

次ページ1つ目は…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT