仕事が憂鬱すぎて眠れない人に教えたい真理

どれだけ厄介なことがあってもなんとかなる

職場の雰囲気にどうもなじめないときにどうしたら?(写真:Mills/PIXTA)

まとめサイトなどを見ていると、若いサラリーマンの悲鳴に遭遇することがよくある。

「職場の人間関係、つらすぎ」

「残業続きで睡眠不足」

「なんのために生きているのかわからない」

そうした言葉を目にするたび、同じように苦悩していた20代の頃の自分を思い出したりもする。かといって、過去形で書いてしまえるほど簡単なことではなく、苦悩はいつの時代にもあるものなのだが。

いずれにしても、『正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。』(じゅえき太郎 著、東洋経済新報社)を読んでいたら、そんなことを考えてしまったのだった。

じゅえき太郎氏は、身近な虫をモチーフとしてさまざまな作品を制作しているイラストレーター、画家、漫画家。第19回岡本太郎現代芸術賞入選という実績を持ち、SNSの総フォロワー数は約30万人に及ぶ、知名度のある存在だ。

だが数年前までは、慣れない仕事や職場の雰囲気になじむことができず、毎日悩んでいたのだそうだ。そうした経験に基づき本書では、自身の姿(それは読者の姿でもあるだろう)を「働きアリ」に置き換え、若いビジネスパーソンの苦悩を4コマ漫画とショートエッセイで表現しているのである。

次ページ「苦手な人」はどんなところにも存在する
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
関西電力がはまり込んだ<br>「原発マネー」の底なし沼

社会を揺るがした関電首脳らの金品受領問題。本誌は関係者による内部告発文や関電の内部調査報告書などで、「持ちつ持たれつ」の関係に迫った。実態解明は第三者調査委員会に委ねられるが、原発推進への自傷行為となったのは間違いない。