仮装とは大分違う「本気コスプレイヤー」の世界

人気コスプレイヤー・伊織もえさんに聞く

ハロウィンの仮装が大人の間で身近になりつつありますが……(写真:Ryuji/PIXTA)

今年も間もなくハロウィーン。子どもたちが仮装して近所の家にお菓子をもらいにいく……という海外の風習とは異なり、若者を中心に大人たちも仮装をして街中で楽しむというのが、現在の日本の一般的な楽しみ方になっています。

若者たちの大騒ぎに注目が集まることも多いですが、じわじわ日本にハロウィーン文化が浸透してきたのは間違いありません。そして、近年のハロウィーンの盛り上がりに伴って、カジュアルな仮装だけではなく、凝りに凝ったコスプレを楽しむイベントの参加者も増えているようです。

そこで今回は、この分野における“プロ”とも言える、人気コスプレイヤーの伊織もえさんにお話を伺います。日本における仮装、コスプレの今とは?

20代女性の15.9%が「仮装やコスプレをしたい」

この連載の一覧はこちら

まずは、ハロウィーンおよび仮装、コスプレにまつわるデータをご紹介します。

博報堂生活総合研究所の長期時系列調査「生活定点」調査において、「1年以内にした年中行事は何ですか?」という質問に、「ハロウィーンの行事」と答えた人の割合は、1992年の1.0%から、2018年には14.2%と、4半世紀で大きく伸びました。

仮装、コスプレについてのデータも見てみると、「1年以内に仮装やコスプレをした」と答えた人の割合が最も高かったのが、20代女性で8.9%。「今後してみたいことは何ですか?」という質問に「仮装やコスプレをしたい」と答えた人の割合も15.9%と、全性別・年代中で最も高く、20代男性(10.3%)、30代女性(9.5%)がそれに続きます。

この3世代では、経験者の2倍弱が「今後仮装、コスプレをしたい」と答えており、数値こそまだ低いものの、興味の高まりがうかがえます。

ちなみに、上記の3世代以外を見てみると、女性40~60代、男性30~50代で、仮装やコスプレをしたいという意向が、経験を上回っています。

基本知識を押さえたところで、ここからは、伊織もえさんへのインタビューから、仮装、コスプレの今について伺っていきます。

次ページ仮装とコスプレは違う!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。