医者も実践「どんどん進む脳の老化」を防ぐ習慣

早い人だと40代から老化の兆候が出てくる

注目してほしいのは、5本の指と手のひらが占めている割合の大きさです。運動野は全体の約3分の1を、感覚野は全体の約4分の1を占めています。つまり、脳は指先に多くの指令を出しているわけです。

脳は、体の各部を動かすだけでなく、体の各部からの刺激を受け、脳そのものも変化するのです。つまり、指を動かせば、脳の中の広い領域を刺激できるわけです。赤ちゃんほどではなくても、大人でも脳は活性化します。

このほかにも…

ホムンクルスをよく見ると、運動野は親指のエリアが最も大きく、ついで、人差し指です。私が脳を活性化させるうえでおすすめしている「モノをつまむとき、親指と、人差し指以外の指でつまむ」ことは、普段使われていない脳の運動・感覚野を刺激することになります。

親指と人差し指を使わずにモノをつかむのは難しいので、あえて人差し指を使わずに「親指と小指」「親指と薬指」「親指と中指」を使う運動をしてみるといいでしょう。普段あまり使わない中指、薬指、小指を使うことにより、これらの脳の領域が活性化され、より器用な運動ができるようになります。

具体的には・・・
◎スマホを『非利き手』でいじる
◎運動のテンポに合わせて、掛け声をかける
◎俳句と川柳で「連想記憶」を鍛える
◎脳科学者もやっている「ボケない食事法」
『脳が若返る15の習慣 』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

など、私がおすすめする、脳の老化を防ぎ、若返らせる習慣は、いずれも科学的な効果が認められているものだけを皆さんにお伝えしています。

ちなみに、「運動のテンポに合わせて、掛け声をかける」という習慣は、パーキンソン病患者のリハビリからヒントを得たものです。

一方、残念ながら、ちまたには現時点でまだ科学的に効果が認められていない「脳トレ」「ストレッチ」などが存在します。

それらのあいまいな情報に惑わされることなく、脳科学的なエビデンスに基づいた脳が活性化する習慣を取り入れて、脳の健康寿命を延ばしていただけたら、専門医としてうれしいかぎりです。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
自動車「コロナ不況」が促す<br>部品業界サバイバルの行方

コロナ危機の自動車部品メーカーへの影響は、過剰な設備と人員を抱えていた日産系でとくに深刻。比較的堅調だったトヨタ、ホンダ系も無傷ではありません。世界レベルでの技術開発競争は激化の一途で、生き残りへの再編と淘汰が始まろうとしています。