ラグビー日本「半数が海外勢」になった深い経緯

「トンガ勢」はこうして日本にやってきた

その点、ブレンデンの場合は東北の地にたった1人だ。また仙台育英高校ラグビー部がブレンデンの受け入れを決めた際には、前例がないことなので、「勝利至上主義じゃないのか」という周囲からの批判もあったという。チームにもブレンデン個人にもやっかみの眼が向けられていたとしてもおかしくない。

『国境を越えたスクラム』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

事実、ブレンデンは高校日本代表入りに十分な実力を備えながらも「高校日本代表に外国人はふさわしくないのではないか」という声があり、見送られてしまったという。毎年必ず2~3人は海外からの留学生がメンバー入りする現在とは隔世の感がある。

ブレンデンと仙台育英高校がパイオニアとなり、その後、札幌山の手、正智深谷、日本航空石川、目黒学院といった高校はラグビー留学生を多く受け入れ、多くの名プレーヤーが生まれた。ニュージーランドから札幌山の手高校に留学したリーチマイケルも、ブレンデンの歩みと似ているといえるかもしれない。

ブレンデンはひとつの道筋を作ったことに対して、社会全体の変化も踏まえてこう語っている。

「自分の人生を歩んできただけだから『オレのおかげだ』なんて胸を張るつもりはないけれど、ぼくが最初に高校から社会人までラグビーを続けたことで、留学生が日本でラグビーを続ける道ができた。ラグビーと留学生を通して、様々なつながりができたと思うんですよ。ニュージーランドと日本、トンガと日本、フィジーと日本……。たくさんの人が新しいオプションを選べるようになった。それに、留学生が増えたことで、外国人に対する日本人の見方も変わってきたような気がします。昔は“ガイジン”だからと距離を置かれることもあったけど、外国人が増えれば、どうしても向き合わなければならなくなるからね。いまの状況を見ると日本でプレーを続けて、本当によかったと思います」(P108~109)

日本代表をポジティブに選ぶ海外出身選手

同書の終盤では、目下ワールドカップで大活躍中の現役選手たちも登場する。まず、「トモさん」の愛称で知られる38歳のトンプソンルーク。海外出身選手としてテストマッチ最多キャップ(試合出場)を誇るが、彼の場合は大学卒業後に日本にやってきたケースだ。2004年に三洋電機に入り、現在は近鉄ライナーズでプレーしている。

トンプソンは同じニュージーランド出身で、三洋電機でプレーしたフィリップ・オライリーの一言がきっかけになったという。

「トモ、2007年のW杯、ジャパンで出たいな」
すでにオライリーは、日本代表のジャージを手にしていた。
トンプソンは同胞の言葉に「そういう選択肢もあるのか」と感じた。
 ~中略~
ちょうどそんな時期、日本代表のヘッドコーチだったジョン・カーワンから「ジャパンでプレーしてみないか」と声をかけられる。
「ジャパンでプレーするオライリーを見て、いいなと思ったんです。父に相談したら、面白いチャレンジじゃないか、と応援してくれた」(P231)

もっとも当時は日本で3年間過ごし、今からニュージーランドのラグビーに戻るのは難しいという本音もあったようだ。ただ、いま日本代表でプレーする海外出身選手は、日本代表というチームに価値を見出していることは確かだ。

もう1人紹介したいのが、日本代表のスクラムを最前線で支える具智元。韓国代表の伝説的プレーヤーを父に持つ具は韓国代表のオファーもあったというが、憧れのあった日本代表を選んだと、同書の中で語っている。

「ずっと日本代表に憧れていましたし、お父さんも『日本代表を目指しなさい』と応援してくれていたので迷いはなかったです。ぼくは日本で暮らしはじめて11年目になります。韓国と同じくらいの時間を日本で過ごしました。韓国だけではなく、日本も自分の国という意識があります」(P252)

助っ人感覚で、日本代表を選んでいる海外出身選手はいないだろう。自らの意志で、日本代表にバリューを感じ、彼らは桜のジャージを着ているのだ。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナウイルスの恐怖
  • 就職四季報プラスワン
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本の経常収支に構造変化<br>10年後には赤字化も?

ドル円相場が不思議な安定を続けています。その背後に日本企業や投資家の行動変化があり、統計数値として経常収支に表れます。10年後に経常黒字が消え、通貨の信認を問われる時代になる可能性を踏まえ、国も企業も戦略を構築しておく必要があります。