注文殺到のラグビーW杯チケット、争奪戦の裏側

主催者側「非常に好調で手応えを感じている」

今年の9月から始まるラグビーワールドカップの日本大会、チケット販売は好調とのことです。写真は国内で2017年に行われた日本代表戦の観客席(写真:西村尚己/アフロスポーツ)

9月20日から日本で開幕するラグビーワールドカップ(以下、ラグビーW杯)の販売チケットへの注文が膨らんでいる。

大会組織委員会の嶋津昭事務総長は、合計180万枚の販売予定分に対し、すでに120万枚近くが売れていると1月に都内で開催されたイベントで話した。

チケット販売がスタートしたのは2018年1月。これまでは一般向けの抽選販売のほか、ファンや大会の開催されるスタジアムが置かれた地域の住民などを対象に先行販売を行った。総申し込み件数は500万枚程度に達している。

今年1月19日から始まった公式サイトでの第二次一般向けチケット先着販売では、引き合いが殺到。申込期間は3月31日までの2カ月弱だが、日本戦4試合や決勝戦などが在庫切れの状況になった。

「非常に好調で手応えを感じている」。プロ野球球団でのチケッティング担当を経て現在、ラグビーW杯の組織委員会でチケッティング部主任を務める大内悠資氏はそう話す。前回2015年のイングランド大会では247万枚のチケットが売れた。開催8カ月前時点での販売予定分に対する販売実績の割合は前回大会を上回っている。

海外ファンのチケット購入も多い

組織委員会が昨年10月に発表した国内における大会の認知度は68.3%。

これを高いと見るか、低いと見るかは評価の分かれるところだが、そうした中でチケットの販売が好調なのは海外ファンの注文が多いことも一因とみられる。

ラグビーワールドカップ2019 組織委員会の大内悠資氏(東洋経済オンライン編集部撮影)

大内氏によると、前述の日本戦4試合のほか、ニュージーランド、イングランドの試合に対する人気が高く、とくに「イングランド戦にはイギリスのファンからの注文が多い」。

前回大会では海外からの観客が40万人を超えており、世界のラグビー協会を統括する団体「ワールドラグビー」は今大会でも海外から40万人以上のラグビーファンが日本を訪れると予想している。

次ページ海外メディアも人気に注目
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。