セブン&アイ、「3000人リストラ」でも甘い理由

ヨーカ堂と百貨店に振るわれたのは大ナタか

そごう・西武も人員削減を打ち出す。2019年2月末時点で6660人の正社員と契約社員を抱えているが、2023年2月末までに1300人を減らす計画だ。この結果、2019年2月期に336億円だった人件費は2023年2月期までに86億円減る見込みだ。

今回公表したこういったリストラ策は、一見すると大ナタを振るっているように映る。だが、つぶさに検証すると、その踏み込みの甘さが目立つ。

リストラ策は現行中計と大きな変化はない

イトーヨーカ堂とそごう・西武で合計3000人というリストラには、定年退職による自然減と、セブン&アイHDのグループ会社への移籍が含まれる。イトーヨーカ堂やそごう・西武単体の人件費は削減されても、グループ全体で大きな合理化となるかは現時点では不透明だ。

そもそも今回のリストラ策は、現行の中期計画で進めていた内容から大きな変化がない。中期計画はイトーヨーカ堂で「首都圏や食品事業への重点化」を検討、そごう・西武で「首都圏基幹店への資産集中による選択と集中」を掲げていた。

この計画に沿い、イトーヨーカ堂では2017年3月から2019年9月までの2年半の間に16店舗を閉店してきた。今回新たに掲げた2020年3月から2023年2月までの3年間で33店舗の運営を見直すという計画には、グループ内での看板替えなども含まれているため、これまでのリストラ策から一段と踏み込んだとの印象はない。

次ページ大黒柱のセブンーイレブンもテコ入れ
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT