セブン&アイ、「3000人リストラ」でも甘い理由

ヨーカ堂と百貨店に振るわれたのは大ナタか

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明」と苦渋の表情を浮かべるセブン&アイHDの井阪隆一社長(撮影:今井康一)

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明になっている」

セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一社長は10月10日、2020年2月期上期(2019年3~8月期)決算説明会の冒頭でこう語った。

コンビニが業績を牽引

セブン&アイHDはコンビニ「セブン-イレブン」、GMS(総合スーパー)の「イトーヨーカドー」、百貨店の「そごう」「西武」など幅広い業態を持つ。

2020年2月期上期の営業収益は、イトーヨーカドーなどスーパーストア事業の減収を理由に、前年同期比0.9%減の3兆3132億円となった。一方の営業利益は、国内のセブン-イレブンで広告宣伝費を縮小したことなどを要因に、前年同期比2.8%増の2051億円となった。

2010年2月期以降、営業増益が続くセブン&アイHDだが、営業利益の多くを国内コンビニ事業に依存している。2020年2月期上期の国内コンビニ事業のセグメント営業利益は1333億円で、グループ全体の6割以上を叩き出す。

他方、祖業であるイトーヨーカ堂や2006年に2364億円をかけて完全子会社化したそごう・西武は採算性が低く、苦しんでいる。

次ページイトーヨーカ堂の会社目標は程遠い
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 地方創生のリアル
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。