セブン&アイ、「3000人リストラ」でも甘い理由

ヨーカ堂と百貨店に振るわれたのは大ナタか

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明」と苦渋の表情を浮かべるセブン&アイHDの井阪隆一社長(撮影:今井康一)

「イトーヨーカ堂、そごう・西武の苦戦が鮮明になっている」

セブン&アイ・ホールディングス(HD)の井阪隆一社長は10月10日、2020年2月期上期(2019年3~8月期)決算説明会の冒頭でこう語った。

コンビニが業績を牽引

セブン&アイHDはコンビニ「セブン-イレブン」、GMS(総合スーパー)の「イトーヨーカドー」、百貨店の「そごう」「西武」など幅広い業態を持つ。

2020年2月期上期の営業収益は、イトーヨーカドーなどスーパーストア事業の減収を理由に、前年同期比0.9%減の3兆3132億円となった。一方の営業利益は、国内のセブン-イレブンで広告宣伝費を縮小したことなどを要因に、前年同期比2.8%増の2051億円となった。

2010年2月期以降、営業増益が続くセブン&アイHDだが、営業利益の多くを国内コンビニ事業に依存している。2020年2月期上期の国内コンビニ事業のセグメント営業利益は1333億円で、グループ全体の6割以上を叩き出す。

他方、祖業であるイトーヨーカ堂や2006年に2364億円をかけて完全子会社化したそごう・西武は採算性が低く、苦しんでいる。

次ページイトーヨーカ堂の会社目標は程遠い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT