第2回 皮膚の構造を知る

人は見た目が9割!? 肌は体内を映す鏡

男性も、女性ほどではないかもしれませんが、肌の悩みはそれなりにあると思います。顔がテカってギトギトしているような気がする、冬になると乾燥して痒くなるなどなど。
   こうした症状がひどい場合は皮膚科へ行くことをオススメしますが、病院へ行ってお薬を処方されても対処療法のため根本的な解決にはなりまん。
しかしご自分の皮膚の構造を知っておくと、日ごろの食事が肌に出てきているのだ、ということがよくわかり肌悩みも改善されていきます。

『人は見た目が9割』(竹内一郎・著、新潮新書)というベストセラーがありましたが、男性も肌がキレイなほうが好感が持たれます。
   肌状態が良い、ということは体も健康だという何よりの証拠にもなり、自然と血糖値も正常値をキープできることでしょう。

人の体の構造上、毎日の食事から摂れる栄養素が皮膚に届くのは一番最後です。それは人が生きていく上で、表面の皮膚よりも体内の臓器や血液のほうが大切なため、先に体内に栄養を与えていくからです。
   冒頭で書いたような肌悩みのある方は、栄養が偏っている可能性があるので、健康な肌を保つ5条件を覚えて今日から野菜や果物を意識して摂るようにしましょう。

次ページ健康な肌の5条件「う」「な」「は」「だ」「け」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 大槻奈那先生、金融の修羅をゆく
  • 就職四季報プラスワン
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
睡眠研究で世界を牽引<br>ひと烈風録 柳沢正史

ヒトはなぜ眠るのか。永遠の謎とされる睡眠の基礎科学の分野で、世界のトップを走るのが柳沢正史筑波大学教授だ。睡眠物質や眠気遺伝子の発見、重要なタンパク質同定などの実績を上げ、睡眠の謎解明まであと一歩に迫る研究熱中人生をなぞる。