日本のテレビ番組「海外輸出」30年の歴史と展望

収益だけでなく盗作抑止やブランド構築にも

始まりから広がり、現状、今後などを総まくりする(写真:simpson33/iStock)

日本のテレビ局が制作した番組のフォーマットが輸出されるようになって30年以上が経過した。その間、世界のフォーマット市場は拡大し、変化を遂げてきた。今後“JAPANフォーマット”はどうビジネス展開していくべきなのか。

フォーマット販売の始まり

1960年代に放送が始まったNHKの人気クイズ番組「それは私です」や「連想ゲーム」は、アメリカの番組「To Tell the Truth」や「Password」を下敷きにしていた。当時の日本の番組制作者の間では、このようにアメリカの番組を「参考にして作る」ことは珍しいことではなかった。

その後70年代から80年代にかけて日本で人気を集めた「クイズ100人に聞きました」「クイズダービー」(ともにTBS)も、その原型をアメリカのクイズ番組に求めることができる(それぞれ「Family Feud」「Celebrity Sweepstakes」)。

確かに番組のコンセプト、演出、構成、ルール、スタジオセットなどに類似性が見られるが、いずれも単に真似て作られた番組というわけではない。実際には、日米の事業者間でフォーマット販売契約が正式に交わされて制作された「アメリカの人気クイズ番組の日本版」である。

『GALAC』2019年11月号の特集は「今、フォーマットが熱い」。本記事は同特集からの転載です(上の雑誌表紙画像をクリックするとブックウォーカーのページにジャンプします)

もともとアメリカのラジオ番組で行われていたフォーマット販売は、50年代になるとテレビ番組にも用いられるようになった。しかし80年代以前は小規模で、クイズ番組を主にイギリスなど英語圏の国々へ販売する程度にとどまっていた。先述の「Family Feud」は今日でも放送が続いている長寿番組であり、これまで数多くの国にフォーマットが販売されてきたが、販売対象国・地域が拡大するのは90年代に入ってからである。そのような経緯を考えると、70年代半ばという比較的早い時期に、日本の番組制作者が海外の番組フォーマットに対価を払うことを、すでに商慣習として認識していた点は特筆に値するだろう。

日本の番組フォーマット販売は、確認できる限りでは、85年にTBSが「わくわく動物ランド」のフォーマットを韓国KBSへ販売したことが始まりと考えられる。

次ページKBSは当初VTR映像の提供を申し入れたが…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。