スバル赤字膨張のおそれ、米航空ベンチャー清算へ 

スバル赤字膨張のおそれ、米航空ベンチャー清算へ 

自動車不況に苦しむ富士重工業(スバル)に嫌なニュースが飛び込んできた。日本の民事再生法に相当する米連邦破産法11条(チャプター11)下で再建中だった航空機ベンチャーのエクリプス・アビエーションが、清算に相当するチャプター7へ移行する見通しになったのだ。複数の米紙が報じた。

エクリプス社はマイクロソフトの役員を歴任したレイバーン氏が1998年に創業し、ビジネスジェット業界の風雲児と目されてきた。昨年末、米ビッグ3の首脳がビジネスジェットで議会に乗りつけて非難を浴びたが、彼らのは「超」がつく高級機。対してエクリプス機は全長10メートル、航続距離2400キロメートルとジャンボ機の5分の1にも満たない。価格も150万ドル(約1.5億円)と破格だ。

エクリプス機のようなベリーライト・ジェット(VLJ)は10年後に世界で4000機以上が飛ぶともいわれ、成長期待は大きい。ただエ社に限っては「機体の製造コストが販売価格を大きく上回っていた」「運航事業者大手でエクリプス機の大量取引先でもあったデイ・ジェット社の破綻が響いた」(業界関係者)。破綻がリーマンショック後という最悪のタイミングだったこともあり、効果的な再建スキームを描けなかった。

そのエ社に主翼を納入していたのがスバルだ。2006年から累計287機分を出荷。“危険”を察知した昨年9月以降は出荷を停止したが、チャプター11申請で売掛債権26億円と5億円強の出資金は回収難となった。2月頭に発表した09年9~12月期決算では計32億円もの特損を計上。ラリー徹退費用等もあり、通期では190億円の最終赤字となる見通しだ。

ただスバルにはほかにも主翼部品、先行して購入した材料、専用の治具などの棚卸資産が66億円ある。これらはまだ決算処理していない。多くはアルミ部材だが他の用途に転用できるのは一部とみられる。エ社が清算されれば、資産売却などで利益を出さないかぎり、今期の最終赤字は膨らむおそれがある。

スバルにとって航空機は前身の中島飛行機以来の事業であり、企業ブランドを有形無形に高めてもきた。しかし、未曾有の経済危機は自動車産業に続いて航空機産業にも及び、スバルは挟み撃ちにされた格好だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT