3連休のはずが3連勤に!恐怖の「休日出勤」命令

リアルすぎる!「仕事の悩み」あるある図鑑

ようやくきた休日に誰か暇かな、と連絡をとって簡単に集まれる仲間は歳をとるごとにどんどん減っていきます。

理由はさまざまで、休日が合わなくなったり、仕事が忙しかったり、転勤で家が遠くなったり。現在の僕もそんな状況で、友人と出かける機会はどんどん減っているように思えます。

そんなとき、寂しいな、とうずくまっていてはいけません。ひとりでも楽しめることを見つけましょう。

僕の個人的なおすすめは、絵を描くことです。なぜ絵がいいかと言うと、絵は暇であれば暇であるほど、時間をかけることができていい絵が完成するからです。

あらゆることにおいて、暇というのはものすごい武器になると思います。

もちろん、絵を描くことでなくてもかまいません。スポーツや勉強など、自分の暇をなにかに費やすことで、得るものがあったりするのです。

「誰も遊んでくれなくて暇」という発想から、「なにか楽しい暇つぶしを見つける」という発想に変えると、暇も暇ではなくなりどんどん楽しくなるのではないでしょうか。

3連休が3連勤になってしまった人へ

いかがだったでしょうか。

強靱な意志があれば、休日出勤や電話の対応なども断れると思います。

しかし、サラリーマンだった頃の僕は、少しでもできる部下だと思われたい、と休みもなく働いていました。僕がそうだったように、強い意志で断れる人ばかりではないと思います。

また、世間が休みのときこそ、稼ぎ時で働かなくてはいけない人も多いでしょう。

そういった人たちに、この3連休少しでも頑張れる力がわいてくれたらうれしいです。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。