3連休のはずが3連勤に!恐怖の「休日出勤」命令

リアルすぎる!「仕事の悩み」あるある図鑑

休日に関する仕事の不満や不安とは、どう向き合えばよいのでしょうか?(イラスト:じゅえき太郎)
ゆるいタッチと独特の世界感で、SNS総フォロワー数30万人にものぼる大人気イラストレーターのじゅえき太郎氏。
そんな著者の最新作『正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。』が9月20日についに発売となった。
本書では、ビジネスパーソンが日々感じているあるあるな悩みを4コマ漫画化し、それを少しでも軽くするための解決策を模索する。本書の内容を一部抜粋、編集のうえお届けする。

こんにちは。じゅえき太郎です。

『正直、仕事のこと考えると憂鬱すぎて眠れない。』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

僕は現在、昆虫の4コマ漫画やイラストをSNSにアップしながらフリーのイラストレーターをやっていますが、数年前まではサラリーマンとして、休日もほとんどなく毎日朝から晩まで働いていました。

9月から、当時の僕の経験や見聞きしてきたことをもとに、仕事に関する悩みとそれを少しでも軽くするための方法を紹介してきました。

さて、9月から11月にかけて連休が多く喜んでいる人もいれば、たとえ世間が3連休であろうと問答無用で休日出勤を強いられている人も多いのではないでしょうか。

今日は3連休の初日ということで、「休日あるある」の第2弾をお届けしたいと思います。

世間は休みなのに自分は休日出勤

次ページ休日出勤のよさとは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。