「あらゆることから何かを学ぶ」東大生の頭の中

「自分の意見」をつくることはこんなに大切だ

東大生は「あること」をすることで、あらゆることから情報を得ているといいます(写真:クロチャン/PIXTA)
偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。そんな彼にとって、東大入試最大の壁は「全科目記述式」という試験形式だったそうです。
「もともと、作文は『大嫌い』で『大の苦手』でした。でも、東大生がみんなやっている書き方に気づいた途端、『大好き』で『大の得意』になり、東大にも合格することができました」
「誰にでも伝わる文章がスラスラ書けるうえに、頭もよくなる作文術」を『「伝える力」と「地頭力」がいっきに高まる 東大作文』にまとめた西岡氏の最新作『東大で25年使い続けられている「自分の意見」の方程式』から、頭のいい人はどうやって「新しい情報」に接しているのかを解説します。

みなさんは、何か新しい話を聞いたときや新しい本を読んだとき、「なるほど!」と思うことが多いですか? それとも「そうそう!」と思うことが多いですか?

7万部のベストセラー『東大作文』に、【東大作文練習ノート】がついた「特別版」発売中(画像をクリックすると、特設サイトにジャンプします)

「へえ、なるほどな、知らなかった!」と未知の情報として話を聞くことと、「そうそう! 確かにそうなんだよ。自分の考えと同じだ」と知っていることを再確認するかのように話を聞くこと。新しい話や本の受け取り方は、人によってさまざまだと思います。

でも、実は東大生にこの質問をぶつけると、回答が一方に集中します。頭のいい人は、みんなこの質問への回答が同じになるのです。

本を読むとき、人の話を聞くとき、記事や新聞を読むとき……。僕たちは多くの場面で情報を摂取していますが、実はその情報摂取のタイミングで「なるほど」と思っているか「そうそう」と思っているかで、大きな差が出てくるのです。

今日は、この「なるほど」と「そうそう」の大きな違いと、その差を生じさせている「自分の意見」についてお話しさせてください。

次ページ東大生は「そうそう」が多い
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT