不倫した妻との関係再構築はどうすれば可能か 取り返しがつかなくなるかどうかの境目

印刷
A
A

和解には、明確な言葉による謝罪もありますが、言葉を必要とせず、相手を信頼することで成る和解も少なくありません。

映画『愛と喝采の日々』では、外泊した妻に夫は強い疑念を持ち、動揺します(実際、妻は不倫していた)。

しかし妻の、「愛しているからあなたと結婚した(今も後悔していない)」という一言で、夫は妻を全幅に信頼します。この夫は、妻の不倫行為の真相はどうでもよくて、今現在の妻の本心が重要だったのです。この映画では、妻の浮気に関しては、夫から問いただすことは一切なく、妻を信頼することで再生します。

私がこの映画の主題でもない、一瞬の、夫婦の再生シーンに強い印象を持ったのは、決してそれが、絵空事と感じなかったからです。男女を入れ替えてみればわかりやすいように、昔から、数えきれないほどの夫婦が大なり小なりこのようにして、この種の難局を乗り越えてきました。

あなたは妻の反省の本気度を疑っていますが、彼女が毎日シュンとしてあと何百回謝れば、気が済みますか? 彼女からどのような言葉を聞きたいのですか?

不倫している友人と張り合って不倫したなど、行為も相手もその程度だから、過去になるのも簡単だったのです。

あなたがそこにこだわることは、消えた炭火に薪をくべて、懸命に火を起こすようなものです。

他人と比較することも時には必要

「他人と比較するな」とよく言われますが、他者の不幸や不運に心を寄せつつも、そのことで自らの感謝すべきことに気づく比較は、そんなに悪いことではないと思っています。

私は困難に直面したとき、地球の反対側にいる人から身近な人の困難まで、いくつかを思い起こすことにしています。それは自分が抱えている困難の小ささに気づき、大げさに悩まず、対処するのを容易にしてくれます。

私がよく思い起こすことなのですが、大病と闘っている人やその家族、幼子を抱えて難病と闘っている親御さんたちの心痛に比べれば、大概の困難は小さく見えます。

そんな特殊なケースと比較するなと言われそうですが、先日の京都アニメーションの事件にも見られますように、私たちは、被害者の親と紙一重という社会で生きています。

次ページ世界で飢えに苦しむ子の親の悲しみを想像すると…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
トヨタが新型クラウンから始める販売改革の衝撃
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
ソフトバンク「20兆円ファンド」急ブレーキの難局
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
平気で「サラダ」を食べる人が知らない超残念な真実
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
宅配ドライバー「多重下請け」で疲弊する深刻問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT