「恋愛=幸せ」とは違う価値観が愛される理由

マンガ「裸一貫!つづ井さん」が描く幸せ

恋愛ものは、刑事ものや病院ものなどの深刻な事件が起こる物語と並び、喜びや悲しみ、怒りなどの感情を豊かに描くことができる。観客は、現実生活の安全性は保ったまま、大きな感情の起伏を非現実の物語に寄り添って体験することができる。だから、事件や医療現場などを描かない映像作品は、恋愛を描きがちだ。

だが、現実生活の中で、恋愛がほとんどを占める時期は、人生の一時期あるかないかという人が多い。つづ井さんのマンガが売れているのは、よりリアルな作品を求める人たちが見つけた、独身生活の楽しさを表現する希少な作品だからかもしれない。

ささやかだけど、幸せな日々

3つ目の理由は、描かれている日常が普遍に通じていることだ。つづ井さんのマンガは、たまたま恋愛をしていない、オタクの女性が主人公なだけ、と捉えることもできる。よく練られて描かれた彼女の日常は、立場を置き換えても成り立つのだ。同じ趣味を持つ仲間と、その趣味を語り合い、一緒に楽しむ時間。悩みを相談し寄り添える友人がいる幸せ。

一人の休日でも、つづ井さんは忙しい。ため込んだDVDを観てマンガを読むだけで、充実している。大好きな役者を追いかけて、公演を見るための旅をする。その人を見られた喜びを反芻する。

列挙してみると、つづ井さんのささやかな幸せが、若い人も年齢を重ねた人も、体験したことがある日常だと気がつく。好きな世界に没入する喜びや、悩みを誰かと分かち合えた喜びや安心感に、覚えがある人は多いのではないだろうか。むしろ、恋愛という非日常の描写がない分、ささやかだけれど幸せな日々の存在感が作品中で大きくなる。

盛り上がる場面がささやかだからこそ、安心できる人もいるだろう。SNSには日々、旅行やごちそうを食べたなどのイベントが報告されている。世の中には事件があふれている。テレビドラマの主人公たちは、恋愛に悩み、事件を解決しようと奮闘し、病気の人を回復させられないことに苦しむ。

そんなドラマチックな生活とは縁遠い人は珍しくないし、もしかするとそういうドラマが少ないほうが現実は幸せかもしれない。それを幸せと言ってはまずいような風潮だからこそ、あえて本当のことを告げるマンガに、人は救われ仲間意識を持てるのである。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。