「激減した赤トンボ」が見事復活した地域の秘密

自然の恵みを疎かにしないところからの実践

地方の田園に定番だった風景は戻ってくるのでしょうか(写真:rishiya/PIXTA)

実りの秋の空に群れ飛ぶ赤トンボ。かつては地方の田園風景で定番だったが、「最近は見られなくなった」いう声が上がって久しい。一方、「最近、赤トンボを見るようになったね」と地元で話題にのぼる地域も出始めている。

赤トンボが減少した背景には、農薬、かんがい用水路などの構造の変化、耕作放棄地の増加、森林や草地の開発などさまざまな要因が指摘される。折しも今年、科学者と各国政府代表でつくる国連の機関が出した報告書は、昆虫や鳥などによる農作物への貢献を強調した。バランスのとれた生態系保全こそが田畑の生産力にとって大事だ、との考え方が世界の潮流になりつつある。

万単位のトンボに笑顔の無農薬農家

「もう、感動だよね。万単位だから」

宮城県大崎市で無農薬でコメ作りに取り組む齋藤肇さん(撮影:河野博子)

宮城県大崎市田尻蕪栗(かぶくり)の農業、齋藤肇さん(45歳)は、こう言って、スマホで撮った赤トンボ(アキアカネ)の動画と写真を見せてくれた。齋藤さんは、8ヘクタールの田んぼで無農薬栽培に挑戦している。

「落水したとき、羽化して稲にとまっている。いっぱい。羽がまだ白いんです」

落水って?

「落水とは、稲が成長したときに、あえて水を落として乾燥させて根を張らせること。7月の上旬に行います。だいたい、それにあっているんですよ、生きもののサイクルは。(トンボは)落水する時期を見込んで、その時期にあわせて羽化する」

次ページ稲についたトンボの羽化殻は万単位になる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。