ジャケットがどうにもダサい男の大いなる盲点

色や素材、デザインよりも「サイズ」を見よう

服が似合うかどうか根本的に押さえておくべきことは?(写真:monzenmachi/iStock)

「とても高価なジャケットのはずなのに、これを着ると、どうにもカッコ悪いんです」

東京都内の有名企業に勤める40代男性の井川浩一さん(仮名)から相談を受けたのは今年8月末です。クールビズスタイルがそろそろ終わる時期に、タンスから取り出してきた秋冬用のあるジャケット。井川さんが羽織ってみたところ、奥さんから「そのジャケットを着ると、すごくおじさんに見えるね」と言われてしまいました。

改めて、鏡の中の自分を見ると、確かにそのとおりでなんだかダボダボ。実は大変お世話になった人から1年半ほど前にもらった贈り物で、詳しい値段こそ聞いていませんが、素材やデザインなどの要素から考えて、少なくとも10万円前後の値札がついていてもおかしくないほどの高級な作りの品なのに、です。

高級な作りでもカッコ悪く見える、致命的な要因は…

「もしかしたら色や柄が合っていないのでしょうか?」

井川さんは私にこう切り出したのですが、実際にジャケットを羽織った姿を見させてもらったところ答えがはっきりしました。致命的な要因は「サイズが合っていなかった」ことだったのです。

色や素材、デザインは服が似合うかどうかについて、もちろん大切な要素の1つではあります。目に入りやすいうえに、購入時に比較する際には非常にわかりやすい。

ただし、それよりも何よりも服が似合うかどうかで、最も重要なのは自分の体に合ったサイズかどうかなのです。逆に言えば、どんなに美しいデザインや色、また有名なブランドであったとしても、サイズが合わなければどんな服を着てもカッコ悪くなってしまいます。

次ページ自分の正しいサイズを選べていますか?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。