実録!40代で「骨年齢は70代」だった女性の盲点

見た目も若く、トレーニングもしていたが

内科では血液検査などで「問題ない」と診断されましたが、Bさんの不調は続くので、別の内科を受診したところ、今度は「ストレスじゃない?」と、Aさんの想定外の精神科受診を勧められました。「もしかして、私、うつ病なの?」と、納得いかない気持ちを引きずりつつ、不安を抱えて精神科を受診したところ、抗うつ効果と食欲増進効果のあるお薬を処方されたものの、効果は芳しくありませんでした。

最終的に当クリニックのからだエイジングドックを受診し、詳しくホルモン値を調べたところ、潜在性の甲状腺機能低下症であることがわかりました。いわゆる「不定愁訴」と言われる症状に対しては、診断がつくまでに時間がかかってしまうことも多く、Bさんもいくつもの病院を巡る結果となってしまいました。

平均寿命と健康寿命の「差」

甲状腺機能低下症は、血液中の甲状腺ホルモンが不足する病気で、疲労感や倦怠感、集中力の低下といった症状を引き起こします。中にはうつ病のような精神状態になる人もいて、心療内科や精神科を受診してしまう人が少なくありません。

このような、原因がわかりにくい心身の不調に早めに気づき、適切な治療やケアをしていくためには、ホルモンドックなどを受けることが有効です。とくに、35歳を過ぎた女性は、1年に1度は受診していくことをお勧めします。

日本は世界でもトップクラスの長寿国で、女性の平均寿命は87歳を超えています。一方、介護などを必要とせず自立して生活できる健康寿命は約75歳と、10年以上の開きがあります。この差をできるだけ短くして、健やかに、美しく年齢を重ねていくためには、心身両面からのケアをしていくことが重要なのです。

骨密度が低下していたAさんは内服薬と食事療法による治療を始め、今では以前よりもアクティブにトレーニングに励んでいます。今までのようにやみくもに運動量を増やすのでも、負荷を上げるのでもなく、まず食事と睡眠という「土台」をしっかり見直し、そのうえでご自身の身体にとってどれくらいの運動を行うべきか、理論的に考えながら取り組んでいます。

当たり前のことですが、患者自身が、不調がどういった病気のサインなのか、そもそも病気であるのかを正しく判断するのは難しく、「これくらいなら病院に行くほどでもない」と我慢してしまうことは少なくなく、Bさんのように複数の病院を巡ることになってしまうケースも多々あります。

検査を受けるのはなんとなく気が重たいと感じ、なかなか足が向かない人も多いことでしょう。でも、アンチエイジングドックの検査時間は1時間程度で、食事など、事前の厳しい制限などもないことがほとんどです。心身の不調や衰えについて安心して相談し、前向きに年を重ねていくサポートを受けられる場所として、活用してみてはいかがでしょうか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。