常勝バイク「インディアン」最新モデルの深み

「FTR1200S」レースレプリカモデルに試乗!

FTR 1200Sはインディアンモーターサイクルから発表されたアメリカのバイクだ。写真はすべてレースレプリカモデル。価格は236万4000円~だ(東洋経済オンライン編集部撮影)

2017年、アメリカ本国で発表されようやく2019年に日本での発売も開始されたバイク「インディアンFTR1200S レースレプリカ」を試乗する事となった。

今までにないアメリカンVツインエンジンのスポーツ性の高さに驚かされ、エンジン剝き出しなネイキッドモデルの新しい表情を見せるこのマシンを紹介する前に、インディアンというブランドを簡単に振り返ってみよう。

インディアンはレースで3連覇を果たした

アメリカでの2輪モータースポーツのメジャーシリーズといえば、100年の歴史に達しようとするアメリカンフラットトラックだろう。単調なオーバルコース、小さなコースであればハーフマイル(800m)から大きなコースではマイルコース(1600m)の未舗装のコースを高速度で左回りをする競技だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

4輪でいえばインディカー・シリーズやNASCAR(ナスカー)も同じくオーバルコース(こちらはアスファルト舗装)で競うので、印象がつかみやすいだろう。

2輪のアメリカンフラットトラックの最高峰クラスで圧倒的なスピードと信頼性を見せ3年連続の優勝を重ねたワークスマシンが「インディアンFTR750」で、そのマシンの公道用レーシングレプリカが今回試乗した「インディアンFTR1200S レースレプリカ」だ。

インディアンブランドの歴史は長く20世紀初頭の1901年にアメリカでは初の2輪車の製造販売を開始。その直後から革新的な技術チャレンジとして、Vツインエンジンの開発、直列4気筒エンジンの搭載、1気筒4バルブエンジンの開発、セミモノコックフレーム、現在では常識となった燃料タンク位置の決定などの実績がある。

さらに多くのスピードチャレンジと第1回デイトナ200マイル優勝にマン島では表彰台独占をはじめとする数々のレースに出場しながら開発を行って来た。しかし、第二次世界大戦中に軍需に対応しながらも、戦後には販売不振に陥る。

Indian FTR 1200Sの筆者による試乗風景
次ページ伝説的メーカーとして独り歩きした時期も
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT