スーパーカブ60周年に見たモノ作りの凄み

カブ以外にも愛される仲間が17社集まった

ホンダのスーパーカブ110・60周年アニバーサリー(マグナレッド)(編集部撮影)

スーパーカブと言えば、ご存じの方も多いあのバイク。

ホンダの創業者・本田宗一郎氏と営業トップの藤沢武夫氏の願いである「人々の役に立つ乗り物を作りたい」を具現化したモデルだ。その願いは国内はもとより世界160カ国以上に輸出され、人が乗る同一モデルとして昨年10月には累計生産台数1億台を達成した(2018年6月末には1億200万台)。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

いかに多くの人々の生活に、永きにわたり密着してきたかということがうかがえるだろう。

8月1日には、発売60周年記念のイベント「スーパーカブと素晴らしき仲間たち」がウェルカムプラザ青山(本田技研本社1階)で開催された。

当日は、新型「スーパーカブ50・60周年アニバーサリー」と、現代の交通環境に向けてさらなる適合性を担った「スーパーカブ110・60周年アニバーサリー」の発表も行われた。

カブは生活に欠かせない存在になった

スーパーカブシリーズは1958年8月に初代モデル「スーパーカブC100」を発売。同一モデルでの正常進化を遂げるスーパーカブは、めまぐるしく変動する世界中の交通環境の中で、人々に愛され親しまれ、生活を支え豊かな時間を提供してきたと言っても過言ではない。

そこには正しい基礎研究の下、コンセプトやデザインをしっかりと検討し、最良のモノ作りを目指した先人たちの思いがあってのことだろう。だからこそ、バイクという工業製品において他メーカーが追従できないほどの完成度、バイクでもスクーターでもない「スーパーカブ」という乗り物が完成したのだろう。つまり1つの発明品なのだ。

今回、展示されたのはスーパーカブだけではなかった。発売後また完成後、同じく60年を迎える仲間たちが集まった。その会場にディスプレイされた数々の製品群は1962生まれの筆者には懐かしいモノばかりだ。工業製品から建造物、食品、文具、教育、サービスにエンターテインメントまで、数々の時代を築き現在でも愛され続けられている。

次ページ 60周年を迎えたあの食品
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT