あのキャデラックが遂げた圧倒的な進化の神髄

デザインも性能もかつての印象と全然違う

縦長のデイタイムラニングライトがCT6を特徴づけている(写真:LEON編集部)
アメ車といえば、かつてはデカイセダンという時代があった。最近ではすっかりSUVやピックアップトラックのイメージになっているが、実はアメリカンセダンの代名詞「キャデラック」は圧倒的な進化を遂げていた。

アメリカのセダンはかくも先進的になっていた

米国はSUVとトラックの国、とみられがちかもしれないが、実際はセダンも多く路上を走っている。だからこそ、「キャデラックCT6」のような魅力的なセダンが生まれるのだろう。

プレスティッジセダンというと、ドイツとか日本という印象を持っているひとが多いだろうが、最新のキャデラックは、走りの面でも、装備の面でも、試してみる価値がある出来だ。

本記事はLEON.JPの提供記事です

2016年に発売されたCT6は、キャデラックのセダンにおけるフラッグシップだ。5メートルを超えるサイズの車体に、3.6リッターエンジンと、オンデマンド型4WDシステムを搭載。さらに、安全装備および運転支援システムも充実と、独・日のお株を奪うようなフル装備である。

2019年6月に、マイナーチェンジが施された新型が日本でも発売された。フロントマスクがより精悍なイメージになるとともに、250kW(340ps)の最高出力と386Nmの最大トルクを持つパワープラントに、新たに10段オートマチック変速機が組み合わされるようになっている。

3649ccV型6気筒エンジンに、今回あらたに10段オートマチック変速機の組合せ(写真:LEON編集部)

ドライブ中に前をCT6が走っていたことがある。私のクルマの同乗者が、「あれはなんていうクルマだろう」と言うので、車名を教えたところ、自分の中にあるキャデラックのイメージとまったく合わないと驚いていた。

日本にいるひとの多くが抱くキャデラックへのイメージは、ひょっとしたら大きなテールフィンを生やした1959年のエルドラドだろうか。よくても80年代のフリートウッドのような四角くて長い車体のクルマ、というあたりで先に進んでいないかもしれない。

次ページエレガンス路線へと舵を取ったCT6
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。