U18侍ジャパンが今回も優勝できなかった背景

高校球児たちにとって国際交流の場にすべき

しかしそういうこととは違う次元で、大きな問題があったのではないか。選手たちは「世界一を目指せ」と吹き込まれ、次第に日の丸を背負う重さを感じていったのではないか。

スポーツ選手が実力を発揮するためには、メンタルが重要であることは、もはや常識だ。緊張せずリラックスして体を動かすことで、本来の実力が発揮できる。日の丸を背負った代表選手が、がちがちになって敗れ去る風景を、われわれはいろんな大会で何度も目にしてきたはずだ。

韓国戦の敗戦の後、主将の智辯学園、坂下翔馬は泣き崩れた。これは痛々しい風景だった。

「必ず勝て」「へらへらするな」「遊びじゃないんだ」と選手を追い込むような指導は、今や時代遅れだ。昨今の指導者は、選手が普段着の気楽さで試合に臨めるようにメンタルトレーニングをするのが当たり前になっている。高校野球でもそれはかなり普及しているはずだ。

さらに言えば、指導者と一部メディアは「何としても世界一」と思っていたかもしれないが、多くの野球ファンはそこまで思ってはいなかっただろう。

トップクラスの「高校球児」の学びの場にする

事実、日本はU18ワールドカップでは1度も優勝していないし、その間の年のBFA U18アジア野球でも近年は、苦戦しているのだ。「世界一」がそれほど甘くないことは、周知のことである。

いつの間にか「甲子園」に続いてU18の国際大会までもが「絶対に負けられない」試合のように報じられるようになったが、 過酷な「甲子園」を経たばかりの選手にさらに大きな責任を担わせるのは、酷だろう。

むしろ、世界大会は、トップクラスの高校球児の「学びの機会」にすべきと筆者は考えている。

「見聞を広めるだの、国際交流だの、きれいごとを言っていては勝てない」というかもしれないが、勝利至上主義一辺倒で、近頃のU18侍ジャパンは敗退しているのである。目標を別に定めることも賢明だろう。2年後に開催される次の大会では「世界一」ではなく、選手に今後につながる「最高の体験」をさせることを目標にして、U18侍ジャパンを立て直す必要があるといえる。

(文中一部敬称略)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • 精神医療を問う
  • 読んでナットク経済学「キホンのき」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
イオン23年ぶりトップ交代<br>新社長に2つの重い課題

GMS(総合スーパー)最大手のイオンが23年ぶりの社長交代を決めました。ただ、目下のグループ経営は、低採算にあえぐGMS事業、緒に就いたばかりのネットスーパー事業と課題が山積。荒波が押し寄せる船出で、針路が注目されます。

  • 新刊
  • ランキング