「本を速く・忘れず」に読む脳科学から見た秘策 「時間がなくて本が読めない」がなくなる技

印刷
A
A

そのためには、どれだけたくさん本を読んで、脳のデータベースを充実させているかがとても重要になってきます。すると、成功者に必須の直感やひらめきが生まれ、正しい判断ができるようになります。高速読書なら、限られた時間の中で、効率よく知識を脳のデータベースに蓄えていくことができます。

本というのは、基本的にはその道の達人とか、一流の経営者とか、あるいはあなたが知りたいジャンルで経験と失敗を繰り返してきた人が書いています。その人たちの本を読み、記憶し、自分の行動プランに取り入れていけば、自然と成功者たちの正しい思考回路を真似していくことになります。

例え話をすると、お笑い芸人の方々の「物まね」が同じです。明石家さんまさんやタモリさんの物まねって、どうしてあんなにいつも、突然の質問の受け答えでも、本人そっくりにまねることができるのか。不思議に感じたことはありませんか?

従来の速読との差

こういったプロの物まねは、ただクセや仕草をコピーするだけでは不可能なんです。本人の思考回路まで知り尽くし、その思考回路をコピーしているから、表出するクセや仕草まで、本人そっくりにまねることができるのだと思います。

『死ぬほど読めて忘れない高速読書』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

物まねと同じで、ビジネスや投資の世界でも、一流の思考回路をコピーすることができれば、驚くほど簡単にスキルアップすることができるでしょう。ホリエモンだったらこう考えるだろう。三木谷さんだったら、こう行動するだろう。それが瞬時に判断できるようになるのです。

そして実際に一流たちと同じような行動ができるようになってきます。成功者たちがなぜみな多読家かというと、過去の成功者たちの思考回路をコピーしているからにほかなりません。

高速読書は従来の速読術とはまったくの別物です。速読が「速くたくさん読む」ことを目標にしているとすれば、高速読書は2ステップ先を行きます。高速読書は「①速くたくさん読めて」「②しかも内容を忘れず」「③それを仕事にアウトプット」できる読書術です。ぜひ、試してみてください。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
ニトリ、家具の王者が「家電攻略」に動き出す必然
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT