「マルチタスク」が苦手でも心配することはない

避けるべきは「逃げる事」「過度に焦る事」

しかしながら、まだ社会人3年目ですから、現状の自分が永遠に続くという前提で、将来の自分に対してまで自信を失ってしまう必要はまったくありません。

とはいえ、現状を打破しないことには前に進むことも、将来の展望を描くことも困難でしょう。そのような状況において、一番避けるべきは逃げることと過度に焦ることです。

逃げるというのは、現状を変えようと思って転職をするという行為ですが、これは「自分×環境」という2軸における環境だけを変える行為ですから、お察しのとおり自分が変わらないかぎりは転職して職場という場所だけを変えてもまた同じことの繰り返しになるでしょう。

一方で、いろいろとできていないから全部頑張ろうと、焦って物事にぶつかってみるというのも無理があります。人間誰しもそこまで器用ではありません。

ではどうすればいいか?

おそらく現時点においてお茶っ葉さんにいちばん必要なのは、「何かを成し遂げるという経験」です。

仕事ができる人も、最初からできたわけではない

成功した経験がないがゆえに、自信が持てない。自信が持てないから何をやってもうまくいかない。そんな負のスパイラルに陥ってしまっているように思えます。

「何かを成し遂げるという経験」というと、大きな仕事とか目先の仕事全部、と思ってしまいがちですが、小さな仕事でもよいですし、目先の仕事のうちたった1つでもよいのです。

例えば、目先の仕事のうちいちばん重要な仕事、または緊急性のある仕事に「だけ」まずはフォーカスし、その仕事を完璧にこなしてみる。

たとえ小さくとも、そういった成功体験を積み重ねていけるかどうかがその後の自分自身に対する自信や仕事に対する自信には大きな影響を及ぼしますから、自分の中でまずはゴールを設定し、それを成し遂げるという経験を重ねていきましょう。

世の中仕事ができる人もそうでない人もいますが、仕事のできる人だって、最初から仕事ができたわけではありません。

いろいろなミスを重ねる中で、自分はどういったミスをする傾向があるのか、自分が仕事をするうえで気をつけるべきポイントは何か、そういった学びを通じて成長した結果として今があるのです。

次ページ現時点でできなかったとしても…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号が見抜く<br>コロナ禍に強い会社

逆境下でも好業績を維持している企業はどこか。今期に過去最高益を更新、5期連続で増益など好調企業のリストを、ランキング形式でまとめました。会社が業績予想を開示しなかった日産、ホンダなど29社も、四季報記者が独自予想し公開しています。