「マルチタスク」が苦手でも心配することはない

避けるべきは「逃げる事」「過度に焦る事」

であるから、現時点でできなかったとしても、まったく問題ではありませんし、できないということを自覚しているからこそ、対応策も練れるというものです。

現時点における自分と将来の自分は異なります。したがって、現時点での自分を見て将来を諦める必要はありません。将来が現状の延長線上でしかないのか、それとも違うのか。

それはひとえに個々人の人生に対する姿勢や、諦めない努力や困難にぶつかった際の創意工夫にかかっています。

将来なりたい自分から逆算して、今何をするべきかを考え、今できる範囲で小さな成功体験を積み重ねていく。そうすることで、小さかった成功はやがて大きな成功につながる可能性すらあるのです。

失敗をたくさんし、許される権利がある年齢

社会人3年目の自分の現状だけをもって将来を悲観する必要はまったくありません。まだ20代の半ばでしょうから、自分自身の行動によっては「将来何者にでもなれる」可能性のある年齢です。

失敗をたくさんする権利もあるし、そしてそれが許されるのも若者ならではの特権です。失敗をすることが悪いのではなく、失敗を次回に生かさないことが悪なのです。

すべてをやろうとせずに、まずは落ち着いて1つひとつの仕事を丁寧に、そして完璧にこなしていくことで、小さな1歩を踏み出し、小さな成功を重ねていきましょう。

現在の自分のできなさをベースに考えるのではなく、将来の輝ける自分から逆算して、腰を据えて1歩1歩着実に前に進んで行けばよいのです。

周りのペースはまずは気にせず、自分のペースで完璧にこなすということにフォーカスしてみてください。そのような歩みを通じてお茶っ葉さんが仕事と自分自身に対する自信を取り戻し、輝ける社会人として活躍されるであろうことを応援しております。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
100億円の寄付を即決<br>ユニクロ柳井会長の危機感

ともにノーベル賞を受賞した京都大学の本庶教授、山中教授に、ユニクロの柳井会長が過去最大規模となる総額100億円を寄付すると発表。研究支援を決めた背景には、サステナビリティ、社会課題の解決などに対する柳井氏の強いメッセージがありました。