サウジ、エネルギー相交代でも政策に変更なし

今後の原油価格に本当に影響はないのか

 9月9日、原油先物価格は上昇している。エネルギー相が交代したサウジアラビアで、政府当局者が石油や石油輸出国機構(OPEC)に関する政策に変更はない、と述べたことが相場を支援している。写真は8月にアメリカのテキサスで撮影(2019年 ロイター/JESSICA LUTZ)

[東京 9日 ロイター] - 原油先物価格は上昇している。エネルギー相が交代したサウジアラビアで、政府当局者が石油や石油輸出国機構(OPEC)に関する政策に変更はない、と述べたことが相場を支援している。

サウジは、ファリハ・エネルギー相の後任にアブドゥルアジズ・ビン・サルマン王子を起用した。国営サウジ通信(SPA)が8日、国王令を引用する形で報じた。

原油先物は4営業日連続の上げとなる見通し。アラブ首長国連邦(UAE)のエネルギー相が、OPECとその同盟国は原油市場の均衡維持に取り組んでいると表明したことも相場を下支えしている。

0106GMT(日本時間午前10時6分)時点でブレント先物<LCOc1>は0.07ドル高の1バレル=61.61ドル。米WTIは0.20ドル(0.3%)高の56.72ドル。

サウジ当局者は8日「サウジの石油やOPECに関する政策に変更はない。アブドゥルアジズ王子はOPECとOPEC非加盟国の協力関係強化に努める」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。