「薬酒バー」を三軒茶屋に開店した男の執念

妻の病気を治すため「中医学」にたどり着いた

また近年、健康への関心が非情に高まっている。薬酒Barという店名のインパクトに対しての注目度も昔とは変わってきており、マスコミに取り上げられることも多くなっている。

当面の目標は、3年以内に100店舗まで増やすことだそうだ。

「この事業を通じて目標としている理念があります。それをかなえるために、まずは資本力をつける、そして信用力を上げることが重要だと考えています」(桑江氏)

薬酒・薬膳酒の普及など、さまざまな活動も行っている

その理念とは、「ふるさとの伝統と文化に貢献すること、家族・社会・世界の健康に寄与すること」。健康関連の事業で、医療機関でない場合はどうしてもうさんくさく見えてしまう。公的機関との関係をつくり、信用度を上げることがまず重要だと考えているそうだ。

そのための第一歩として、桑江氏は2016年に一般社団法人薬酒・薬膳酒協会を設立。講演活動や、薬草園などの運営、薬酒アドバイザー技能士の研修および技能検定に関する事業といった、薬酒・薬膳酒の普及と伝統療法の振興に資するさまざまな活動を行っている。

医師をはじめとして300人が集まる統合医療研修会(一般社団法人日本がん難病サポート協会主催)にも毎年参加している。

自分で自分の健康を守る、予防医学が注目されている。フィトテラピー(植物療法)の知識も、一般的に知られつつある。ハーブやアロマ、おばあちゃんの知恵と呼ばれるような民間薬、野菜なども利用できる。

もちろん現代医学を否定するものではなく、やみくもに自己判断すればいいというものでもないが、おのおのが健康を守るために、知識を身に付けるのは大切だ。薬酒Barもその1つとして、楽しく、おいしく利用できるのではないだろうか。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • グローバルアイ
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT