頭の回転が速い人とそうでない人の圧倒的な差

アウトプット能力まで高める記憶力UP法とは

また共通点で分類すると、それぞれのグループに見出しがつきます。例えば「人間、ゴリラ、チンパンジー、オランウータン」で構成されたグループに「類人猿」と見出しをつけるようなイメージです。この見出しがタグの役割をしてくれて、記憶したものを思い出すときに役立つのです。

1つの入れ物に何から何まで一緒に放り込んでいるだけだとなかなか目当てのものは引っ張り出せません。でもきちんと項目ごとに分類していれば、すぐに見つけ出せます。これと同じく、頭に入れるときに分類しておけば、時間をかけなくてもすぐに思い出せるということです。

実力チェック!

ではここで分類センサーの実力チェックをしてみましょう。

「A」 のグループにあって、「B」のグループにないものは何でしょうか?

共通点を発見できましたか。答えは、「ひげ」です。見つけられなかった人には、情報の分類が苦手という方がいらっしゃるかもしれません。

ポイントは「ない」ものと比較する前に「ある」ものだけに注目して、共通点を探し出すことです。共通点を探し出す意識があると、覚えるものがたくさんあったとしても情報量を圧縮できます。覚える量が少なくなるので、当然、記憶もしやすくなるというわけです。

分類センサーが働くと、アイデア出しや文章作成などのアウトプット能力までもが飛躍的に向上します。では分類センサーを身に付けるドリルをご紹介します。

5つの言葉のうち4つに共通することと仲間外れの言葉を探してください。

 

答えは……

□共通点:球技、仲間外れ:フェンシング
□共通点:燃えるもの、仲間外れ:海水
次ページアウトプット能力は電車内でも鍛えられる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 今日も香港から
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる民法&労働法<br>「知らない」では済まされない!

ビジネスの新しいルールを定めた改正民法や労働法が4月から始まります。仕事はどう変わるのか、大きな関心を集める改正相続法と併せて最終チェックしておきましょう。導入が増えているテレワークの法的ポイントも解説。