数学できる子・できない子を生む算数教育の盲点

テクニックではなく、理解を促す3つのヒント

数学を深く理解するには算数の基礎はとても重要です(写真:しげぱぱ/PIXTA)

日本では算数と数学を使い分けているが、多くの国々は算数の内容もMathematicsを用いている。この日本流の使用法にはプラス面もあるが、マイナス面も少なくない。代表的な誤解として「算数は基本的に計算ができればよく、説明文を書くことは中学校の数学からである」というものだ。算数でも一歩ずつきちんと説明する基礎を学ぶだけに、残念でならない。

筆者は小学生に対する特別授業から、数学専攻の大学院生に対する授業まで、数多くの授業を受けもってきた。また算数の内容からガロア理論の内容まで幅広く著書を執筆した。大学生に対する授業も、文系・理系合わせて1万5000人の授業をほぼ半々ずつ担当し、いろいろな教訓を得た。

算数の基礎を学ぶことで数学が得意になる

算数の学びに関する世間一般のアドバイスの多くは、中学校受験のためのテクニックに関するものが多いようだ。本稿は、本質的な数学の学びという視点から、算数の学びに関して指摘しておきたいと思う3点を述べたい。なお、近著『AI時代を切りひらく算数~「理解」と「応用」を大切にする6年間の学び』は、そのような視点で執筆した教育書である。

1.「すべて」と「ある」の言葉遣いを大切にする

欧米人であれば、子どもの頃から「すべて(all)」と「ある(some)」の言葉遣いは毎日の生活の中で育まれる。日本はそうでないだけに、中学校の英語の授業で「all」と「some」をしっかり学ぶ。ところが、「not necessarily~」を「必ずしも~でない」と訳すだけで終わるように、その深い論理的な面までは目を向けていないようだ。

実際、「すべての生徒はスマホをもっている」「ある生徒の身長は180cm以上である」の否定文を大学生に述べさせたことがある。

次ページ誤った解答が続出した
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT