ぐっちーさん「正しいトランプツィート読解法」

これが読めれば、中国への「本気度」がわかる

さてここからは恒例の競馬コーナーです。個別レースの話よりも前に、週末は札幌、新潟、小倉の3競馬場で、夏競馬の最終週を迎えます。

夏競馬の騎手のリーディング争い(最多勝争い)もなかなかおもしろいですぞ。

札幌開催ではクリストフ・ルメール騎手が25勝をすでに上げており、リーディングは確実。さらには5年連続のJRA年間100勝達成まであと3勝ということで、こちらも注目。9月1日の札幌2歳ステークスではゴルコンダに騎乗予定になっていますね。

一方、新潟のリーディングは混戦。10勝の田辺裕信騎手、9勝のM・デムーロ騎手、8勝の戸崎圭太騎手、丸山元気騎手、と並んでおり、まさに最終日まで混戦模様。新潟記念ではでは田辺騎手がクリンチャー、デムーロ騎手がジナンボー、戸崎騎手がフランツ、丸山騎手がアクートに騎乗予定。これは重要なレースになりますな。

小倉の方は14勝で松山弘平騎手がトップ、福永祐一騎手も12勝、松若風馬騎手が11勝と、このあたりが勝負か。松山、松若騎手なら自身初、福永騎手なら9年ぶりだそうですが、果たしてどうでしょうか。こういうのも夏競馬ならではの楽しみ方であります。

新潟記念は田辺騎手騎乗のクリンチャー主軸

さて予想の方は、新潟記念(G3、9月1日11R、2000メートルのハンデ戦)に行ってみましょう。

田辺騎手のクリンチャーはやはり注目の1頭でしょう。あとは何かな、という感じで見ていくわけですが、いかんせん曲者が多くこれは簡単には決まりませんね。ハンデ戦でもあるし、何が来てもよさそうな感じすらします。

如何にも2000mがあっていそうなデムーロ騎手騎乗のジナンボー。藤田菜七子騎手が前走七夕賞でも頑張ったゴールドサーベラスは応援もかねて買ってみたいと思います。その他、サトノキングダム、ダイワギャグニーなど買ってみたい馬は目白押しで、広めにワイドで押さえるしかないかもしれません。

最後の夏競馬です。楽しみましょう!

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。