ぐっちーさん「正しいトランプツィート読解法」

これが読めれば、中国への「本気度」がわかる

Now the Fed can show their stuff!

As usual, the Fed did NOTHING! It is incredible that they can “speak” without knowing or asking what I am doing, which will be announced shortly. We have a very strong dollar and a very weak Fed. I will work “brilliantly” with both, and the U.S. will do great... ....My only question is, who is our bigger enemy, Jay Powell or Chairman Xi?

まず、出だしがすごい。「今こそFed(連邦準備制度)が真骨頂を見せるときだ!!」

と来るわけですが、この表現は口語で考えると「今こそ〇〇タマを見せろ!」に近い表現で、のっけから大笑いです。

挙げ句の果てには、

「Fedは何もやっていない! 大体オレ様のやっていることに関して知ることも問うこともせずに、話をしていること自体が信じがたい! 今やドルは強く、FEDは弱いが、オレ様は双方ともに賢く折り合いをつけているし、アメリカは引き続きうまく行くだろう。私の唯一の質問はわれわれのより大きな敵は(ジェローム・)パウエル議長か、習近平かということだ!」

よりによって、パウエル議長と習近平を比べてしまう、という荒業ですが、これには笑うしかありませんね。ただ、一つはっきり認識できることは、要はパウエル議長、自国の連銀の議長と並ぶ程度の敵が中国なんだ、ということで、トランプの反中発言はその程度に過ぎないということだと思います。対中国強硬路線といっても、そんなもんなのです。

中国に対する非難の言葉が並ぶが・・・

次も、このパラグラフとの対比で読んでみると実におもしろい。

Our Country has lost, stupidly, Trillions of Dollars with China over many years. They have stolen our Intellectual Property at a rate of , & they want to continue. I won’t let that happen! We don’t need China and, frankly, would be far... ....better off without them. The vast amounts of money made and stolen by China from the United States, year after year, for decades, will and must STOP.

「われわれの国は何年にもわたり何兆ドルというお金を中国に対して失っている。そして彼らはわれわれの知的財産を年間数十億ドルという桁で盗み続けており、それは今も続いている。私はもうそれは許さない! われわれは中国を必要としていないし、奴らなんていないほうがはるかにいいのだ! とんでもない額のお金が作られ、そして、中国によってアメリカから盗まれている。それも毎年毎年、何十年にもわたって続いているわけで、これは何が何でも止めなればならない」

次ページトランプ大統領はどこまで本気なのか
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。