キンコン梶原雄太がYouTubeで大成功した理由

ラファエルにも頭下げたカジサックの本気度

また、梶原は親しい芸人をゲストに呼んで対談をすることもあるのだが、そこでは後輩に対しても「さん付け」で呼んだりするなど、敬語を使う場面が目立つ。自分は「カジサック」としてはデビュー間もない新人なのだから、芸人に対しては敬語を使うのが当然だ、ということなのだろう。こういうところにも梶原の本気が現れている。

勝因は「プロのエゴを捨てたこと」

芸人の世界は体育会的な縦社会だから、先輩が後輩に偉そうにするのが当たり前になっている。テレビでもそれは普通の光景だ。

だが、テレビを見る習慣のない若いYouTube視聴者は、それにも違和感を覚えることがあるのではないか。いわば、梶原はプロの芸人としてのエゴをYouTubeの世界に持ち込まず、徹底的にYouTube側の文脈に自分を合わせていったのだ。これが彼の成功の最大の要因である。

梶原のYouTubeチャンネルの動画を見ていると、彼が芸人として本来持っている明るさ、動きの機敏さ、人当たりのよさ、ちょっと抜けているところなどの資質が、見事に生かされているのを感じられる。それは、テレビタレントとしての彼を見ているだけでは十分に伝わりきらなかったことだ。何よりも、彼自身がYouTubeの活動を心から楽しんでいるのが伝わってくる。

今や日本を代表する人気YouTuberの1人となった梶原は、お笑い界とYouTube界をつなぐ架け橋のような存在になりうる。梶原を通じてお互いが交流を深めていき、相手のことをよく理解し合えば、それぞれの世界がより活性化していくことになるだろう。今の梶原は間違いなく、お笑い界とYouTube界の未来を変えるキーマンの1人である。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。