キンコン梶原雄太がYouTubeで大成功した理由

ラファエルにも頭下げたカジサックの本気度

だが、一方の梶原は芸人として行き詰まりを感じていた。テレビタレントとしてレギュラー番組も少なく、満足のいく活動ができていなかった。このまま普通の芸人として生きていてもいいのか。先細りになるだけではないのか。悩み抜いた梶原が導き出した1つの答えが、YouTubeという新しい市場に進出することだった。

梶原はYouTubeを始める前に、そこで求められていることは何なのか、どうすれば多くの人に見てもらえるのか、徹底的に研究を重ねた。企画や撮影や編集に関しては親しいスタッフの協力を得て、チームとして動画制作を手がけた。ちょっとしたテレビ番組を作るぐらいの意識を持って本気で取り組んだことで、クオリティーの高い動画が量産される体制ができて、登録者数はどんどん増えていった。

YouTuberに頭を下げたプロ芸人

また、芸能人YouTuberとして梶原が特別だったのは、ラファエルなど既存の人気YouTuberに頭を下げてアドバイスをもらいに行ったことだ。

人気YouTuberに頭を下げてアドバイスをもらいに行った、梶原の真剣さがうかがえる(写真:「ラファエル兄さんにYouTubeで成功する秘訣教えてもらった!」 YouTube:https://www.youtube.com/watch?v=FozAPdgtlEE

実は、これがなかなかまねできないのである。プロの芸人は、笑いに関しては自分たちがいちばん優れているという自負がある。そのため、ある年代以上のプロの芸人の多くは、半分素人のようなYouTuberをどこか見下しているようなところがあり、彼らに対して下手に出ることが難しいのである。

YouTuberが社会的にも認知された昨今では、芸人が公の場で露骨に彼らを馬鹿にするようなことはなくなったが、内心ではまだまだ壁を作っている人も多いと思われる。

そんな中で、梶原は本当に下からいった。彼らの成功の秘訣を調べて、直接会って話を聞いた。早い時期にその対談の動画も公開した。これによって、YouTuberや彼らのファンに梶原の真剣さが伝わった。

次ページ言葉遣いからも表れる「カジサックの本気度」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「氷河期」を救え!<br>どこまで進む?就労支援

バブル崩壊後の不況期に学校を卒業し、就職難に苦しんできた「氷河期」世代。彼らをめぐる状況が変わり始めています。政府は650億円を投じ就労支援を開始、中小企業の正社員採用も広がってきました。この好機を生かす秘訣を探ります。