メダル23個「怪物」フェルプスの意外すぎる今

世界記録を破られても幸せな理由

バタフライは私にとって最も意味のある種目なので、ちょっとクレージーな感じだ。この2つの世界記録を同じ週に失うとは、まったく予期していなかった。200メートルバタフライの記録を失ったのは、とくにつらい。人生の半分以上、その記録を持っていたのだから。

バタフライはもともと姉ホイットニーの得意種目だった。だから単に「これは私の記録だ」と言うよりも、さらに重要な意味を持つ。バタフライは長いこと、フェルプス家の得意種目だったからね。

多くの記録を長く保持できるかどうか

100メートルバタフライの記録が破られた後、ボブ(ボウマン、長年のコーチ)に、「神に誓う。400メートル個人メドレー記録が破られたら、コロラドスプリングスでトレーニングのために会おう」とテキストメッセージを送った。今のところ、この記録はかなり「安全」だと思う。

2つの記録が長持ちしなかったのは残念だが、若い人たちが記録を破るのを見るのは大好きで、すばらしいことだと思っている。スポーツが成長し進化し続けるには、そういうパフォーマンスが必要だ。完全に手に負えない記録があるのなら、人々は「オーマイゴッド、努力の必要なしだ!」と言うだろう。

――あなたは2008年の北京大会での記録的な8つの金メダルをはじめとして、誰も超えることのできないほど多くの成果を上げてきた。28個のオリンピックメダルという記録を含む業績は、一度の大会でなくなることはない。あなたもそう考えているのでは。

韓国でケーレブが8個のメダルを獲得した後、「ケーレブ・ドレッセルがフェルプスを上回る」という見出しを目にしました。でも上回らなかった。私が2007年の大会で7つの金メダルを獲得したとき、5つの世界記録を打ち立てました。クリストフ・ミラークは世界記録を1つ樹立した。私は39だ。

だからこれからも続けて、記録をもう10回破ってほしい。18年間保持してほしい。長く保持することが大事だ。今週、多くの人からオリンピックに関するいろいろな「記念」についてメッセージを受け取った。200メートル個人メドレーで4大会連続の金メダルを取ってから3周年、北京で400メートルのフリースタイルリレーの金メダルを獲得してから11周年、と。

次ページ8年前は今の自分の姿をまったく想像できなかった
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT