来場者の多かった「注目の展覧会」上半期TOP10

2019年前半は「フェルメール展」が強かった

「フェルメール展」(上野の森美術館)の会場外風景
2019年上半期の美術館展覧会を数字で回顧。日本全国の美術館・博物館で行われた展覧会のなかから、入場者数TOP10を紹介する。(※対象展覧会は2019年1月1日〜6月30日の期間に開催されたもので、2018年から会期がまたいでいるものも含む。7月9日時点で回答がなかったもの、ウェブサイト公開不可のもの、入場者数を公表していないものは含まない)

フェルメール、強し。

2018年10月から約4ヶ月にわたって開催された「フェルメール展」(上野の森美術館、2018年10月5日〜2月3日)が、2019年の上半期展覧会入場者数でトップとなった。入場者数は68万3485人で、1日あたり5649人が訪れた計算になる。

同展では、フェルメールの代表作である《牛乳を注ぐ女》(1660頃)をはじめ、過去最多となる9点(期間限定を含む)のフェルメール作品が並び、会期終盤の2019年1月9日~2月3日には、日本初公開となる《取り持ち女》も展示された。

本記事は美術手帖の提供記事です

2008年の「フェルメール展」(東京都美術館、当時の展示点数は7点)では93万人という異例の来場者数を記録したフェルメール。

日時指定入場制というチャレンジングなシステム、あるいは前売り券(一般)で2500円という価格設定もあってか、この数字にはおよばない結果となったが、68万人超えは2016年以降の展覧会で最多。根強いフェルメール人気を裏付けたと言えるだろう。

なお、3位には「フェルメール展」大阪展(大阪市立美術館、2月16日~5月12日)が54万1651人でランクイン。両展をあわせると120万人以上という数字となった。

次ページTOP10の表はこちら
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
  • 最強組織のつくり方
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT