堀江貴文「気まずい人間関係は切ってもいい」

「昔話をする友達」を持ちたくない理由

僕はビジネスを始めて、見える世界のステージがハイスピードで変わっていった。変わるごとに、出会った友達や仕事仲間とは話が合わなくなり、「捨てて」きた。思い切りがいいのではない。

どこか自分に課していた部分もあっただろう。「次のステージでうまくいかなくなったときに、以前のような交友関係に戻れる」という保険をかけたくなかった。 

人間関係はリセットしてもいい

仕事で成功していくにつれて、人間関係のリセットを繰り返し、新しい刺激的な友達をつくっていく。それが僕のスタイルだ。

『捨て本』(書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします)

人間関係をリセットすることは、痛みを伴うこともある。オン・ザ・エッヂの創業メンバーが去ったときは、気持ちのうえでは完全に整理できていたけれど、心の奥のほうでは多少の痛みを感じたものだ。

「捨てる」痛みは、ゼロにはできない。しかし、痛みを感じないくらい忙しく、やりたいことに熱中していればいい。痛みがあるというのは、ヒマな証拠なのだ。

友達をリセット――。私にはできないという人もいるかもしれないが、そんなことはない。むしろ、いま大事にしている友達や仕事仲間に、何かが縛られていないか? 見つめ直してみるといいと思う。

もしくは「捨てられたくない」と、必死にしがみついているのは、あなたのほうなのかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大赤字のソフトバンクグループ<br>それでも強気を貫く根拠

収益に大きな貢献を続けてきたファンド事業がグループの決算に大穴を開けた。事態急変でも孫社長は「反省はするが萎縮はしない」。強気の理由は何か。いずれにせよ焦点は上場申請を取り下げた米ウィーの再建だが、長丁場になりそうだ。